MGC、影の主役「ピンクシューズ」 ネットで「陸王を思い出す」

9月16日(月)17時19分 J-CASTニュース

ナイキのウェブサイトより

写真を拡大

2019年9月15日に都内で開かれた、東京五輪のマラソン日本代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で、大勢の選手がピンク色の厚底シューズを履いて出場し、話題を呼んだ。

注目を集めたのは、ナイキ社製の「ヴェイパーフライNEXT%」。靴は、レースがあった15日に発売された。



「陸王のアトランティス社のシューズ」




代表に決まった男女4人中、3人が「ヴェイパーフライNEXT%」の厚底モデルを使い、男子の上位3人は全員、同モデルを履いていたと報じられている。スポーツニッポン(9月16日配信)は、ピンク色は速く走っているように見え、大迫傑(すぐる)選手(28)からも商品化への強い要望があったと伝えた。



ピンク色のシューズをめぐり、ネット上では



「ナイキのピンク!宣伝効果素晴らしい」

「ナイキの戦略さすがや」


など、製造元のナイキに拍手を送る声が上がった。


また、2017年にTBS系で放送されたランニングシューズの開発ドラマ『陸王』と関連させ、



「陸王のアトランティス社のシューズ思い出す(笑)」

「陸王を思い出すなぁ」

「『陸王』の影響でシューズに目がいくよねぇ」


などとつぶやく投稿も相次ぎ、中継映像でピンクシューズが強い印象を残したことを裏付けた。



(J-CASTニュース編集部 田中美知生)

J-CASTニュース

「MGC」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「MGC」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ