SUPER MONKEY'Sの“同志”安室奈美恵引退に思い

9月16日(日)18時56分 ナリナリドットコム

元SUPER MONKEY'Sのリーダーで振付師の牧野アンナが9月16日、公式ブログを更新し、同日付で芸能界から引退する歌手・安室奈美恵への思いをつづっている。

16日付けエントリー「26年」では、「今から26年前の今日、たくさんの夢と希望を胸に私たちはデビューしました。スクールの後輩たちの未来を、、、さらには沖縄の、、、これから芸能界を目指す全ての子達の道を切り拓くのだという思いを背負い、一途に邁進し、一歩を踏み出しました」と、デビュー当時を回顧。

そして「それぞれの道を歩んできたけど、デビューするまでの過酷な時間を共にストイックに過ごしてきた事はやはり宝であり、私たちの原点だと思ってます。奈美恵はもちろん、奈々子も美奈子も寿子も私の誇りであり、同志だと感じてます」と、安室のほか、現MAXのNana、Mina、そして振付師の新垣寿子のSUPER MONKEY'S結成メンバーの名をつづった。

最後は引退する安室に「これもまた長い人生の中の通過点。ひとまずお疲れ様!これからの奈美恵の未来が素晴らしいものでありますように」とエールを送っている。

ナリナリドットコム

「安室奈美恵」をもっと詳しく

「安室奈美恵」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ