山田孝之だらけの映画祭開催? オファー殺到にうれしい悲鳴、監督デビューの志尊淳らにエール

9月16日(水)16時28分 オリコン

オファー殺到にうれしい悲鳴を上げた山田孝之 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 俳優の山田孝之、阿部進之介、映画の企画・制作などの事業を展開するand picturesの伊藤主税らが発起人となって2017年にスタートしたサービス「mirroRliar」が新たな企画として若手とベテラン、メジャーとインディーズが融合し、映画を作り上げるプロジェクト『MIRRORLIAR FILMS』(ミラーライアーフィルムズ)が立ち上がった。16日には都内で、プロジェクト発表記者会見が行われ、山田、阿部らが出席した。

 年齢、職業問わず多くの人に映画製作のきっかけや魅力を届けるべく、一流監督から一般クリエーターまで、36人の映画監督による短編オムニバス映画を4シーズンに分けて製作。1stシーズンを2021年夏に全国劇場公開する。さらにシーズン2、3、4と3ヶ月ごとに公開し、4シーズン公開後に映画祭を開催。グランプリ作品には500万円の賞金が贈呈される。

 36本の映画のうち、24本は著名な俳優、映画監督のオリジナル作品が含まれる。この日は、12人の監督が発表。阿部、安藤政信(俳優)、井樫彩(映画監督)、紀里谷和明(映画監督)、志尊淳(俳優)、柴咲コウ(俳優)、野崎浩貴(映画監督)、福永壮志(映画監督)、藤井道人(映画監督)、水川あさみ(俳優)、山下敦弘(映画監督)、山田が映画祭を盛り上げることとなった。このうち、阿部、安藤、志尊、柴咲、水川は監督デビューとなる。

 『ゾッキ』で監督デビューしたばかりの山田は「少しだけ撮らせていただきましたけど、カメラの前にいる時と後ろにいる時の全然、見えるものとか苦労とかが違いがあった。それを感じてもらいたい」とメッセージ。そして「とてもワクワクしましたし、これから先、俳優をやっていくにあたっても監督の気持ちや立場、苦労を知っておくのは大事なこと。そこに気付いて、より皆さんの映画愛が強くなることを期待しています」と監督デビューする俳優陣にエールを送っていた。

 また、自身が主演するプランはあるのかについて山田は「ざっくりなプランがあって、僕とこの人かなみたいなのがあった」と腹案を明かす。ただ「ほかの監督から『孝之、出てよ』と結構、言われている。それに全部応えていたら、山田だらけの映画祭になって悲惨なものになる(笑)。バランスを見つつ、出るところ、出ないところを選ぶ」と宣言。そして「僕の作品に僕は出ないで、逆に別の監督をキャスティングしてやろうかな」と思いを巡らせていた。

 公募は、スマホで撮影された作品でも可能。一般公募作品の締め切りは来年2月28日まで。

オリコン

「山田孝之」をもっと詳しく

「山田孝之」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ