千葉真一、生前最後のロングインタビュー収録! 春日太一責任編集『文藝別冊 深作欣二』本日発売!

9月16日(木)11時44分 Rooftop


おのれの内部によるべき核がなければ、 表現などという仕事はつとまりはしない。その核が、 私にとっては「死」だった。 あの夏の日、 私たちの手に残骸をゆだねた「死者たち」であった。(エッセイ「死は御破算、 それが核となって」より)

株式会社河出書房新社より、 春日太一責任編集『文藝別冊 深作欣二——現場を生きた、 仁義なき映画人生』が本日2021年9月16日に発売。

『文藝別冊 深作欣二』は、 『仁義なき戦い』シリーズをはじめ、 『柳生一族の陰謀』『復活の日』『蒲田行進曲』『バトル・ロワイアル』など数々のヒット映画を世に送り出し、 『キイハンター』『傷だらけの天使』『必殺』シリーズ他ドラマ作品の演出を手掛けた、 映画監督・深作欣二の実像とその作品世界の魅力に迫った総特集号。

深作組スタッフ、 ゆかりの俳優総勢27名へのインタビューでは、 各作品の製作背景、 当時の撮影状況を振り返りながら、 監督・深作欣二の映画に対する飽くなき情熱と熱気、 人間・深作欣二の他を惹きつける魅力と人柄が口々に語られている。

深作作品を語る上で欠かせない存在、 千葉真一さん生前最後となるロングインタビューも収録。1953年東映入社から、 2003年1月惜しまれながらこの世を去るまでの50年間、 多くの傑作、 問題作を残し、 衝撃を与え続けた稀代のエンターテイナー深作欣二とは何者だったのか。 時代劇・映画史研究家・春日太一氏が責任編集を務め、 その核心に触れる様々な声、 言葉をあつめた本書は、 熱心な深作ファンは勿論、 初めて作品に触れる方にもおすすめの一冊。

unnamed-14.jpg

写真提供:深作健太

『仁義なき戦い』シリーズで東映実録路線を決定づけ、 その後も『蒲田行進曲』『忠臣蔵外伝 四谷怪談』『いつかギラギラする日』『バトル・ロワイアル』など、 数々の問題作を世に送り出した映画監督・深作欣二。 懐の深い人間観に支えられた飽くなき映画への情熱と、 熱気溢れる撮影現場から、 今なお新しい作品の魅力に迫る。

本書の主な内容

・書き下ろし、 渾身の130,000字!!
春日太一「総論 現場に生きた、 仁義なき映画人生」

・フカサクを誰よりも知る存在、 千葉真一生前最後の貴重なロングインタビュー
千葉真一(俳優)「泣きたいんだよ、 泣かせてくれよ」

・メディア出演が限られる志穂美の貴重な語りおろし!
志穂美悦子(俳優)「日本にいない女優になり続けろ!」

・悪役商会×フカサク
八名信夫(俳優)「撮影は命がけ、 監督はそれが嬉しいんだよ!」

・「仁義なき戦い」制作秘話
高田宏治(脚本家)「作さんに『ちょっと冒険してみるけどええか?』って言うたのよ」

・大部屋俳優たちによる座談会が実現!
峰蘭太郎×白井滋郎×細川純一
「僕らのところへ直に来てくれた、 初めての監督——東映京都撮影所所属俳優が語る深作欣二」

写真提供:深作健太
写真提供:深作健太

・『蒲田行進曲』の舞台裏

風間杜夫(俳優)「舞台どおりやってくれ、 それを俺が撮る!」

・表現を巡る熾烈な攻防!
木村大作(カメラマン)「撮影で行った南極の思い出」

・『忠臣蔵外伝 四谷怪談』はいかにして生まれたのか?
佐藤浩市(俳優)「『四谷怪談』の伊右衛門を演りたかった」

・「必殺」シリーズ好きにはマスト!
石原興(カメラマン)「深作さんの勢いが『必殺』の成功を生んだ」

・名優が語る深作欣二
石橋蓮司(俳優)「監督、 チェルノブイリに行くんですか!」

・『バトル・ロワイアル』の壮絶な舞台裏!
深作健太(プロデューサー/脚本/共同監督)「父・深作欣二 乱調のドラマツルギー」

Rooftop

「千葉真一」をもっと詳しく

「千葉真一」のニュース

「千葉真一」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ