のん、堀内敬子と再会 『私の恋人』オフショットに人脈の広さ実感

9月16日(月)16時50分 Techinsight

「嬉しい方々にお会い出来て喜びの嵐でした」とのん

写真を拡大

渡辺えり主宰のオフィス3○○(さんじゅうまる)による舞台『私の恋人』が9月8日に千秋楽を迎えた。本作に出演したのんが9月14日、公式ブログで「凄かった。本当に。凄い作品に参加出来て心から嬉しかったです。渡辺えりさんと小日向文世さんという素晴らしいお二人とご一緒出来た事が嬉しすぎました…」と振り返っている。彼女が投稿したオフショットでは舞台関係者ばかりか、楽屋を訪れたアーティストたちの姿も見られる。

のんが「嬉しい方々にお会い出来て喜びの嵐でした。たくさんのベストショットを」と公開したなかにはグラフィックデザイナーの宇野亜喜良氏、俳優の松尾諭と土屋佑壱、アニメ映画『この世界の片隅に』の片渕須直監督や真木太郎プロデューサーがおり、彼女も「この世界の片隅にスタッフの山本さんと、サン役の新谷真弓さん。新谷さんにほめていただけて嬉しかったあああ!」と再会を懐かしんだ。

また、アーティストとしてライブ活動やCDも出しているのんだけに、DJやついいちろうエレキコミック)やサンボマスターの山口隆、真心ブラザーズ(桜井秀俊・倉持陽一)、さらにお笑い芸人の又吉直樹や俳優の東出昌大など幅広い顔ぶれが並ぶ。


15日には、「なんと、堀内敬子さんと幾月ぶりにお会いしました〜〜! わーー! 大先輩ながら、癒されました。女神なのです」とツーショットを投稿している。


女優の堀内敬子とはLINE NEWSで配信された連続ドラマ『ミライさん』(2018年9月8日〜10月6日)で共演しており、のんが主人公である万年干物女の24歳・今野ミライ役、その母親・今野イマコ役を堀内が演じた。

他にも様々な人々との記念写真を投稿しており、メディア出演が激減したと取り沙汰されるのんだが、それでもこれだけ慕われるのは人柄とともにスター性があるのだろう。

画像2〜5枚目は『のん 2019年9月15日付公式ブログ「ツー」、2019年9月14日付公式ブログ「舞台 私の恋人」』のスクリーンショット

Techinsight

「のん」をもっと詳しく

「のん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ