J・J・エイブラムス&ジョーダン・ピール「ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路」10月配信決定 ─ 全米絶賛のSFファンタジーホラー

9月16日(水)18時0分 THE RIVER

ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路

『スター・ウォーズ』のJ・J・エイブラムス、『ゲット・アウト』(2017)のジョーダン・ピールが製作総指揮を務めるラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路が、Amazon Prime Videoチャンネル‎「スターチャンネルEX -DRAMA &CLASSICS-」にて2020年10月24日(土)より日本独占初配信となる(BS10 スターチャンネルでは11月より放送)。日本版予告映像も公開された。

1950年代、アメリカ。

行方知れずの父(マイケル・ケネス・ウィリアムズ)を探すため、故郷シカゴに戻ってきたアティカス(ジョナサン・メジャース)は、友人のレティーシャ(ジャーニー・スモレット)、叔父ジョージ(コートニー・B・ヴァンス)とともに、ジム・クロウ法が制定されている南部へと旅に出る。彼らは黒人差別が横行する現実に直面するばかりか、幻想小説・怪奇小説の巨匠H・P・ラヴクラフトの作品から飛び出してきたかのようなモンスターとも対峙することとなり……。

人種差別の現実をえぐる社会派ホラーで知られるジョーダン・ピール、おなじみのヒットメーカーであるJ・J・エイブラムスが、「ウォッチメン」「チェルノブイリ」のHBOとタッグ。設定こそ1950年代だが、「Black Lives Matter」が世界の問題となった現在を直接反映したような本作は、“いかにアメリカが変わっていないか”“いかに黒人たちが抑圧され、恐怖を抱いて生きているか”をリアルに描きつつ、SF小説から飛び出したようなモンスターやゴースト、魔術の要素を加えた極上のSFファンタジーホラーだ。⽶Rotten Tomatoesでは第1話が100%フレッシュを獲得、その後も極めて高い評価を受けている。

ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路© 2020 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

重要なモチーフであるH・P・ラヴクラフトは幻想小説・怪奇小説の先駆者であり、”クトゥルー神話”の始祖として愛されている。その神話体系や神々のイメージは多くの作家に影響を与えてきたが、一方でラヴクラフトは人種差別主義者としても知られ、作品にもそういった描写が多いといわれる。本作はラヴクラフトが創造したモンスターを、黒人が抱く“恐怖心”が具現化したものとして登場させ、白人の人種差別主義者という実在の“モンスター”とともに描き出す。レティーシャ役のジャーニー・スモレットは、人種差別問題を、新型コロナウイルスと並ぶ“もうひとつのパンデミック”だと指摘。批評家からは、登場する白人至上主義者のほうがモンスターよりもずっと怖いという声もあがっている。

主人公アティカス役のジョナサン・メジャースは、『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』や『ザ・ファイブ・ブラッズ』(2020)の演技が注目され、『アントマン』第3作(タイトル未定)に抜擢された新鋭。幼馴染のレティーシャは『 ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(2020)のジャーニー・スモレットが演じ、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)のアビー・リー、「このサイテーな世界の終わり」シーズン2のウンミ・モサクらフレッシュなキャストが揃った。叔父ジョージ役は「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」(2016)でエミー賞に輝いたコートニー・B・ヴァンス、父親役『それでも夜は明ける』(2013)のマイケル・ケネス・ウィリアムズ

ドラマ「ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路」(全10話)は、Amazon Prime Videoチャンネル 「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」にて2020年10月24日(土)より毎週土曜1話ずつ更新(※10月24日〜11月22日、第1話無料配信)。「BS10 スターチャンネル」では11月26日(木)から字幕版が、11月30日(月)から吹替版が毎週放送される。

スターチャンネル 公式サイト

THE RIVER

「J・J・エイブラムス」をもっと詳しく

「J・J・エイブラムス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ