土田晃之と太田光の愛妻家ぶりが芸能界「不貞時代」に再評価されている!

9月17日(日)9時59分 アサ芸プラス

 9月9日〜10日に放送された「FNS27時間テレビ にほんのれきし」(フジテレビ系)で、関ジャニ∞の村上信五が元SMAPの中居正広をしのぐ巧みな司会ぶりを見せたことが話題になっている。その一方で、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光と土田晃之も意外なところで好感度を上げたと評されているという。

「いわゆる中堅と呼ばれる芸人たちが集まる『さんまのお笑い向上委員会SP』に2人は出演したんですが、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之の『不貞疑惑ダークグレー発言』の話題中に、土田が『爆笑問題の女性経験人数は2人合わせても5人で足りる』と発言したんです。これに対して恐妻家で知られている太田はとりあえず反論したものの、最終的には恥ずかしそうにシュンとした表情を見せ黙ってしまい、土田らにからかわれていました。そんな太田に対して、ネット上では『あの恥ずかしそうな表情は子犬のようでかわいい』『普段とのギャップがたまらない』との声が上がるなど、女性を中心に愛妻家ぶりが再認識され、好感度が急上昇しているようです」(広告代理店社員)

 一方の土田に関しては、11年6月11日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たちアツアツっ!」(テレビ朝日系)で語った、こんな「浮気しない理由」が蒸し返され、同様に好感度が上がっているという。

「大好きな4人の子どもや嫁と一緒に暮らせなくなる。家も持っていかれるだろう。そして子供たちが成人するための養育費や慰謝料を全部合わせたら総額で2億円くらいになるのではないか。そんな2億の価値のある性交渉って何?」

 2人とも愛妻家であることがネタになる稀有な芸人と言えるだろう。

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

土田晃之をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ