【西武】ハイタッチを“安売り”するベンチに違和感

9月17日(日)11時0分 文春オンライン

 球場に足を運んでビールを手に大きな声でひいきのチームを応援するか、自宅でテレビの前でビールを飲みながらゆっくり観戦するか、それぞれの楽しみ方があります。いずれにしてもビールは欠かせませんが。現在ではCS放送の普及ですべての試合をプレーボールからゲームセットまで視聴することができます。かつてはプロ野球のTV中継といえば巨人戦が中心でした。なので、当時のプロ野球選手に好きなチームを聞くと「テレビで巨人戦しか映ってなかったので、巨人ファンでした」の返事が圧倒的。もちろん、アンチ巨人も存在しましたが、その相手ですのでセ・リーグのチームのファン。子供の頃からパ・リーグファンの私は、さみしい思いをしたものです。


 ただ途中経過を知りたいがために、テレビで巨人戦をつけていました。今のようなセンターからのカメラではなくネット裏からが中心で、後楽園球場のセンターの位置にある看板「森永キャラメル」(年によりチョコレート)の印象が強く残っています。あのCM効果はかなり高かったのではないでしょうか。最近はセンターカメラが中心ですのでネット裏の広告が増えていますが、多すぎてカラフルなのは目障りになります。シンプルなほうが効果大だと思うのですが。


テレビで選手の表情を見る


 テレビ観戦していますと、監督の表情が映し出されるのも興味深いものです。一喜一憂するタイプ、泰然自若のタイプなど様々で、性格が伝わってきます。「表面上は穏やかでも、腹の中は煮えくり返っているのでは」などと想像するのも楽しみ方のひとつ。監督自身も家族や周囲からよく映し出されることを聞いているため「絶対に鼻に指を突っ込まない」と心掛けている監督もいます。


 選手の表情もいろいろですが、とくに投手。本来「ポーカーフェイス」が望ましいと言われますが、正直に出てしまうタイプは分かりやすいものです。それが四球を出した時。コースを狙い、ある程度意図的な四球には平然としていても、制球がつかず、いわゆるストライクが取れない四球の時に舌を出したり、天を仰いだりのポーズを見せると、結果はよくないケースが多いのも事実。投手と打者は駆け引きが大事ですので、時にはハッタリも必要なのです。また、ピンチを背負った場面で、二死を取った時に派手なポーズを見せますと、次に打たれるケースもよく見かけます。渾身のガッツポーズは三つ目のアウトを取った時がスマートでベストでしょう。


 いつ頃からなのか、ベンチで選手を迎える仕草が「多様化」しています。得点に絡む働きや、好守備を見せた選手に対してのハイタッチは当然なのですが、たまに「え? なんで?」と思うシーンが見受けられます。例えば、安打出塁した選手が盗塁に失敗しベンチに戻った際、ハイタッチで迎えるのには「?」ですね。確かに、安打は評価されるとしても、盗塁失敗でチャンスをつぶしている訳ですから。


 辻発彦監督の現役時代、好守備を披露した後にベンチ裏で「ナイスプレー!」と声を掛けますと、「イージー! イージー!」の返事がお約束となっていました。その意識が向上心につながる、と感心したものです。ハイタッチにもメリハリが必要で「安売り」は見ている側としてもあまり好感は持てません。


現役時代「イージー!」が口癖だった辻監督 ©中川充四郎

炭谷を迎え入れるベンチに覚えた違和感


 9月3日、京セラドーム大阪で行われたオリックス対西武戦でのこと。3回ウラのオリックスの攻撃で、3対2と西武が1点リードの展開でした。先頭打者が3塁手の失策で出塁し、次打者がバントした打球を処理した炭谷銀仁朗が2塁へ悪送球して、無死1、2塁。続く打者もバントし、今度は炭谷が3塁に投げ封殺しました。直後に吉田正尚が逆転3ラン。


 この回が終了し、ベンチに戻った炭谷に何人かの選手がハイタッチを求めていました。3塁に放り封殺したプレーに対してでしょうけど、かなりの違和感がありました。炭谷にはハイタッチについての罪はありません。ベンチの選手も盛り上げたい心情からかも知れませんが、やっぱり違いますよね。ひいきのチームの「出来事」だけに、ちょっとモヤモヤしてしまいました。せめて、この回が無失点でしたら分かりますが、逆転されていますから。


プロ入り12年目の炭谷 ©時事通信社

 もちろん、こうした行動は成文化されていません。でも、空気をしっかり読んでもらいたいものです。また、注目したいのは途中交代した投手を迎えるベンチ。好投していればハイタッチは当然ですが、失点し、走者を残した場面での降板は微妙です。投球内容次第なのですが、まぁ、お尻を「ポンポン!」とたたき、ねぎらうのが一番自然ではないでしょうか。テレビカメラが降板した投手を追います。狙いは、悔しさなどからグラブを投げつけたり、ベンチを蹴り上げたりする場面などでしょうけど、最近目にすることがなくなりました。なので、迎えるナインの仕草に注目となってしまいます。


 これらを感じるのは「ゆとり教育」の影響なのでしょうか。それとも私の老化現象なのでしょうか。


◆ ◆ ◆


※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/4166 でHITボタンを押してください。




(中川 充四郎)

文春オンライン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

西武をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ