大人気のBTSがNAVERの人気検索ワードにランクインしないのはなぜ? そのまさかの理由にビックリ

9月17日(火)14時14分 KPOP monster

BTSBTS

ワールドスターBTS(防弾少年団)が、韓国最大手のインターネット検索ポータルサイト「NAVER」の人気検索ワードにランクインしない理由が明らかになった。

韓国ファンの間で、NAVERの「リアルタイム人気検索ワード」にBTSがなかなか浮上しないことが注目された。

爆発的な人気を誇る彼らが、なぜランクインしないのだろうか。その理由は、人気検索ワードを決定する“システム”にあった。

リアルタイム人気検索ワードに選ばれるうえで、最も大事なポイントは「突然現れ、急激に多く検索された言葉であるかどうか」ということだ。

しかしBTSの場合、あまりの人気でこのシステムの予想を上回るほど“常に多く検索されるため”ランクインできないのだ。

過去には、彼らがこのワードにランクインすることも度々あったというが、世界的な人気を博してからは急激に減少。現在は、メンバー個人の名前がまれに浮上する程度だという。

ちなみに、YouTubeでは「BTS」がどれほど検索されているのかというと、毎月約6700万回だ。彼らがシステムの基準を超えてしまうのも無理はない。(2019年のYouTube検索関連記事元)

この調査によると「BTS」はユーチューブで最も多く検索された「K-POP関連ワード」であり、中でも末っ子の「ジョングク」はK-POPアイドルの中で最も検索されたアイドルに選ばれた。ちなみにジョングクは、Googleの検索回数においても一位を二年間記録している。

ワールドスターは“格”が違うことが明らかになった。

KPOP monster

「BTS」をもっと詳しく

「BTS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ