現役東大生が学術的な目線で若手芸人を徹底解剖!? 「笑いの傾向と対策 令和3年度版」

9月17日(金)19時0分 ラフ&ピース ニュースマガジン

東京大学の「知」と吉本興業の「エンターテインメント」を掛け合わせた「笑う東大、学ぶ吉本プロジェクト」より、9月27日(月)に、現役東大生がプロデューサー、芸歴4年目の令和ロマンを中心としたライブ、「東大×吉本『笑いの傾向と対策 令和3年度版』」が実施されるとの新着情報が届きました!


出典: ラフ&ピース ニュースマガジン


このプロジェクトは、2025年大阪・関西万博、その先のSDGs目標達成年次の2030年を見据えながら、学術とエンターテインメントの積極的な対話、協働を推進し、持続可能な新しい価値の創出と未来への提言を目指していきます。



『笑いの傾向と対策 令和3年度版』


出典: ラフ&ピース ニュースマガジン


本プロジェクトでは現在、学部学生が今までの生活と異なる文化・価値観に触れるプログラムとして吉本興業が持つ様々なメディア・コンテンツ・プロジェクトに参加する『体験活動プログラム』を実施しています。新しい考えや生活様式を学び、「知のプロフェッショナル」に必要な基礎力である自ら新しいアイディアや発想力を生み出す力を身に付けることを目的としています。


今回のプログラムでは、9月27日(月)に、現役東大生がプロデューサー、芸歴4年目の令和ロマンを中心とした彼らと同世代の吉本興業所属の若手芸人が出演者となり、自由な発想で共同の寄席を考案する体験プログラムから生まれたライブ、「東大×吉本『笑いの傾向と対策 令和3年度版』」を実施します。
現役東大生6人と若手芸人という、これまでの人生では起こりえなかった邂逅が、どうような化学反応を生むのか……。学術的な目線で「笑いの傾向と対策」を導き出すネタとコーナーライブとなります。


なお、これまでのプロジェクトの活動としては、2021年3月、東京大学 大学執行役・副学長を務める佐藤健二大学院人文社会系研究科教授と、 ピース・又吉直樹による『オンライン特別講義シリーズ「東大吉本対話」vol.1〜言葉力が世界を変える?〜』を実施しました。そのほか、同年4月には、東京大学大学院工学系研究科とのコラボレーションにより、安心できるキャンパスライフのためのチェックインアプリ『MOCHA(モカ/Mobile Check-in Application)』の紹介動画をジャルジャルを起用し、作成しています。


令和ロマンから『笑いの傾向と対策 令和3年度版』へ向けての意気込みコメントが届いております。


令和ロマンから皆さまへ



高比良くるま
模試ではE判定ばかりでしたが、周りに流されず最後まで自分を信じて逆転合格を目指したいと思います!


松井ケムリ
このライブで全てを学び、必ず東京大学に転校生として入学します!!


その他出演者のラインナップはこちら!


ぼる塾



ラタタッタ



プリズンクイズチャンネル




会場となる神保町よしもと漫才劇場の公演チケットは、オンライン配信チケットを含め発売中となっております。
ぜひこの機会にチェックしてみてくださいね!

ラフ&ピース ニュースマガジン

「芸人」をもっと詳しく

「芸人」のニュース

「芸人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ