超特急、トラブル直面で見せた”対応力”すごい!機転の利いたトーク・圧倒的な歌唱力・迫力のパフォーマンスを証明<GirlsAward 2017 A/W>

9月17日(日)11時6分 モデルプレス

超特急(C)モデルプレス

写真を拡大

【超特急/モデルプレス=9月17日】7人組メインダンサー&バックボーカルグループ・超特急が16日、幕張メッセにて開催されたファッション&音楽イベント「GirlsAward 2017 AUTUMN/WINTER」(以下:ガルアワ)に出演。イベントでは途中、音声トラブルに見舞われたが、機転の利いた対応でピンチさえもチャンスへと変えていった。

ランウェイにも登場していた超特急のライブはイベント終盤に実施。大人かっこいい黒のスーツを着こなし、クールなR&Bナンバー「UNKNOWN…」で観客を酔わせるも、曲の序盤でスピーカーから音が出なくなるハプニングが起こってしまう。しかし結成から5年の経験は、どんなトラブルが起きようと動じない肝の太さを彼らに与えていた。

◆トラブル発生!しかし超特急は…

音楽が届かない分を自らの歌と動きで補おうと、まずはコーイチとタカシのバックボーカル2人がアカペラで曲を牽引。ボーカル二人の歌唱力の高さを見せつけ、観客を圧倒させた。特にクライマックスでコーイチが放った朗々たるロングトーンには、会場を揺るがさんばかりの歓声が湧き上がった。

ダンサー陣も側転やバク転といったアクロバティックなパフォーマンスを披露。中でも軽やかアクロバットを得意とするユーキが軽やかな身のこなしで次々と技を決めていくと、観客は驚きの声をあげた。

機材の復旧を待つためのMCでは、唯一音が出るようになった1本のマイクを7人でリレーして自己紹介。現在はダンサー5人もヘッドセットを着用しているが、過去にはボーカル2人のみがマイクを持ってステージに立っていた時代もある超特急。当時は2本のマイクを渡しあいながらMCをこなし、ファンを楽しませてきた。そんな経験もあり、抜群のチームワークでマイクを回しながら場を盛り上げる。タクヤがマイクを通さずに、地声で自己紹介する場面もあった。

ここでは、ユーキが先程のランウェイ出演で共演したゆりやんレトリィバァの“調子乗っちゃって”のネタを披露し、カイも「会場にいる女性の皆さん!男性の皆さん!」と呼びかけ、「開演から6時間も立ちっぱなしで疲れないですか?」と気配り。さらに、モデルとしてランウェイに登場した際にユースケが「緊張する、どうしよう!」と言いっぱなしだったと裏話をして、場を繋いだ。

◆“車両点検”後、再びステージへ

結局ここでライブは仕切り直しとなり、再び登場シーンからやり直しとなるが、カイは「いったん車庫に戻って車両点検してきます」と電車に例えた表現で3万人の笑いを誘う。さらに「次に登場したときはさっきよりも大きな声で!」というリクエストをした。

そして観客の大きな歓声に迎えられ、再登場し、1曲目の「UNKNOWN…」を再び熱唱。続く「Burn!」でも一体感を見せ、ラストの「超えてアバンチュール」へ。この曲は今や超特急のライブに欠かせない盛り上がり鉄板曲となっているが、この日の演出は特別使用。リョウガに思いを寄せるユースケにメンバーが”衝撃的”なメイクを施したり、カツラを被りヘッドバンギングをしたりと奇想天外のパフォーマンスを繰り出した。

◆ピンチをチャンスに!3万人に印象焼き付ける

突然のハプニングを観客は心配そうに見守ったが、そんな不安をよそに機転のきいた対応を見せた超特急。それはこれまでのライブやバラエティ番組で培って経験の賜物。迫力満点のライブはもちろんだが、トーク力も冴え渡る。

トラブル直面で見せた対応力は、超特急のファンはもちろん、今回の「GirlsAward」をきっかけに彼らを初めて知った、彼らのライブを初めて見たという観客の胸を打ったはずだ。音声がままならない状況に一時騒然となった会場だったが、結果、3万人に印象を焼き付けるステージとなった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

トラブルをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ