香取慎吾「この1、2年よくやってきた」草なぎ剛との“憩いの場”に感慨

9月17日(日)20時19分 モデルプレス

香取慎吾「この1、2年よくやってきた」草なぎ剛との“憩いの場”に感慨 (C)モデルプレス

写真を拡大

【草なぎ剛・香取慎吾/モデルプレス=9月17日】9月8日をもってジャニーズ事務所を退所した元SMAPの草なぎ剛と香取慎吾がパーソナリティーを務めるラジオ番組『ShinTsuyo POWER SPLASH』(bayfm、毎週日曜よる7時)が17日、オンエアされた。

◆香取慎吾「よく許してくれてるよ」

退所後初のオンエアとなった10日、退所についてコメントし、今後についても語っていた2人。

17日オンエア回も終始これまでと変わらないマイペースな“しんつよ”ラジオが展開されたが、番組終盤のフリートークで、香取は改めて「よくこのラジオやらせて頂いているなと思った」「ちゃんと話してるっぽいけどさ、つうかよく許してくれてるよ、みたいな」と感慨深げにしみじみと思いを吐露した。

SMAPを巡っては、昨年8月に同年内での解散を発表し、昨年いっぱいで解散。今年に入ってからは各メンバーの去就に注目が集まっていたが、6月に草なぎ・香取・稲垣吾郎の3人の退所が各所で報じられ、8日に退所。中居正広、木村拓哉は引き続きジャニーズ事務所に残っている。

そういった怒涛のこれまでを振り返ったのか、1995年4月から20年以上続いている同番組に対し、「22年やってるけどこの1、2年よくやってきたなって」と言及し、草なぎも「こんだけ長くやってると色々あるしね、奇跡ですよ」と共感。香取は「日々色んなことあるなかで必ず、よく適当にやってきたよね!」とどんなときも通常運転だった番組に改めて思うことがあったようだ。

と、真面目に語る香取だったが、草なぎは「でもさ、トークが面白いんじゃない?私の?喋り手が良いんじゃない?特に俺?」とマイペースに対応し、スタッフからは笑い声が。香取は「言ってしまえば2人の関係性なんだろうけど、今の感じとかも舐めてるじゃん?そういうことじゃないのよ、俺が言いたいのは」と呆れ、「(このラジオは)どういう仕事の立ち位置?あなたにとって」と質問。すると、草なぎは「大切な憩いの場っていうのかな」と至って真剣に答え、「自惚れてるんじゃなくて自分を褒めて良いんじゃない?たまには」とスタンスは変わらず。最後は「沢山の方に愛されるラジオになるようにもっともっと頑張ります」と上手くまとめ、香取を呆れさせていた。

これまでと変わらないトークと、香取の垣間見えた本音にファンからは「慎吾、今の気持ちを伝えてくれてありがとう!」「しんつよがここ1、2年の救いだったよ」「ここ1、2年の言葉が重かった…」「しんつよが今日もしんつよで嬉しい」「慎吾ちゃんがドキッとするようなこと言ったと思ったらつよぽん…しんつよ最高」など様々な反響が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:bayfm


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

香取慎吾をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ