佐藤梨紗子さん「ビックリ」ミス・ティーンに輝く

9月17日(日)17時2分 日刊スポーツ

2018ミス・ティーン・ジャパン決勝大会でグランプリに輝いた佐藤梨紗子さん(撮影・宇治久裕)

写真を拡大


 ミス・ユニバース・ジャパンの妹版コンテスト「2018ミス・ティーン・ジャパン」の決勝大会が17日、都内で行われ、東京都在住の佐藤梨紗子(りさこ)さん(17)がグランプリに輝いた。
 7回目を迎えた同大会で、過去最多の応募6762人の頂点に立った。
 13人のファイナリストの最年長で、名前が呼ばれた瞬間はポカンとした表情を浮かべた。「驚きすぎて自分が呼ばれたと思わなかったから。賞を取れると思っていなかったのでビックリした」と振り返った。
 黒木メイサ(29)に似ていると言われたこともあるという正統派美女。160センチの身長で、スラリと伸びた足の長さは80センチ弱。好きな芸能人は女優でモデルの三吉彩花(21)。佐藤さんも将来は雑誌モデルを目指しているという。学校では「数学が得意で国語が苦手」という高校2年生だ。
 副賞は50万円とハワイのペア旅行。「賞金でカワウソを飼いたい。ハワイは母と行って、サーフィンをしたい」と話した。
 応援アンバサダー(大使)の新川優愛(23)は「透明感がすごい」と絶賛。芸能界の先輩として「人に合わせるのではなく、自分らしく進んで欲しい」とアドバイスを送った。もう1人のアンバサダーの平祐奈(18)は「佐藤さんが特技として披露したヨガが美しかった。やりたいことがあったら今のうちにやった方がいい」とエールを送った。
 準グランプリは大阪府出身の吉村梓穂さん(13)。サマンサタバサ賞には静岡県出身の田村友乃さん(12)が選ばれた。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

佐藤梨紗子をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ