DISH//「かぜひこうぜ」雨中公演に3000人

9月17日(日)19時4分 日刊スポーツ

台風18号の影響で雨が降りしきる中、4回目の日比谷野外大音楽堂公演を行った5人組男性ダンスロックバンド、DISH//(ディッシュ)。前列左からベース小林龍二、ボーカル北村匠海、ギター矢部昌暉、後列左からドラム泉大智、DJ橘柊生

写真を拡大


 5人組男性ダンスロックバンド「DISH//(ディッシュ)」が17日、東京・日比谷野外大音楽堂で公演した。
 同所公演は4回目。台風18号の影響で15分遅れてスタートした。降雨の中、DJ橘柊生(21)は「みんなシャンプーを持ってきてた?」と冗談まじりに観客3000人にあいさつ。2時間以上、メンバーもずぶぬれになりながら、窪田正孝(29)主演のフジテレビ系連続ドラマ「僕たちがやりました」(火曜午後9時)の同名主題歌などを、20曲以上を披露した。
 ベース小林龍二(20)は「DISH//6年目ですが、こんな雨の中でライブをするのは初めて」。ボーカル北村匠海(19)は「ステージがビショビショだね」。橘は「野外でライブをやっているのって、俺らぐらい? 明日、一緒にかぜをひこうぜ」と観客に呼び掛け、歓声を浴びていた。
 アンコールで、北村は「雨の中でボロボロになりながらのライブでしたが、今日やれて良かったです」とホッとした表情。さらに「伝説のライブになりましたが、一生やりたくないです」と苦笑いしながらも「もっと成長するために、大きな足跡を残せたライブになったと思います」と手応えを口にした。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

公演をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ