須藤凜々花「クズでごめんなさい」結婚巡る発言謝罪

9月17日(日)9時17分 日刊スポーツ

卒業公演でアイドル最後の自己紹介をする須藤凜々花(2017年8月30日撮影)

写真を拡大


 元NMB48の須藤凜々花(20)が、「クズでごめんなさい」とファンに謝罪した。
 結婚宣言をめぐる発言で炎上が続く須藤は16日深夜、ツイッターに「私は極悪人です」から始まるメッセージを投稿した。「私は自分の悪さを笑い話にする極悪人でした」として、自身の発言で傷つけた人々に「全部本当に思って言ったことです。クズでごめんなさい」と謝罪した。
 須藤は、「たくさん痛い目を見て大人になっていきたいです。優しくなりたいです。優しい人になることを諦めたくないです。私の周りにいる人たちをみて、強くそう思います」と吐露する。
 自身を応援するファンがいたことを「生きる希望」とした上で、「時間がかかるかもしれませんが、時間をかけて、人間として成長していきたいです」とつづる。「こんなクズを好きでいて下さった方々は本当に優しい人です。私もそうなれるように頑張りたいです。同じようにできなくてごめんなさい」と再びファンにわびた。
 須藤は、卒業後初のテレビ出演となった14日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」で、恋人がいながら総選挙への投票呼びかけをしたことについて、「アイドルとしては大事な仕事。営業じゃないですか」と発言して批判が殺到していた。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

須藤凜々花をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ