ゴールデンボンバーが登場!「龍が如く」裏話も!東京ゲームショウに行ってきた

9月17日(火)12時0分 おたくま経済新聞


 幕張メッセで9月12日〜15日まで開催され、4日間で約26万人が来場したゲームの祭典「東京ゲームショウ2019」。今年も人気芸能人や有名人が多数登場して話題になったイベントに行ってきました。

 今回の東京ゲームショウは、「もっとつながる。もっと楽しい。」をテーマに開催。過去最大規模の2417小間が出展(出展者数は655の企業や団体で、国内は350、海外は305)し、家庭用ゲーム、スマートフォン、PCなど、さまざまなプラットフォームに向けた幅広いジャンルの新作タイトルやサービスが発表されました。

 筆者が来場したのは、一般公開日の9月14日と15日。会場近くの海浜幕張駅に到着したのは9時30分ごろだったのですが、駅のホームを降りると、早くもゲームファンでホームは埋め尽くされ、なかなか前に進めない状況に……。ゲームファンの熱い気持ちが会場に到着する前からビンビン伝わってきました。



 やっとの思いで会場の幕張メッセに到着。中に入ると、セガゲームスブースには東京オリンピック公式スポーツゲーム「マリオ&ソニック AT東京2020オリンピック」(2019年11月発売)の展示で夢のコラボ、マリオとソニックの2ショットが実現。カプコンブースでは、「モンスターハンターワールド:アイスボーン」の追加モンスターで、10月10日に配信されると発表があった、大迫力の金獅子ラージャンなど、東京ゲームショウでしか見られないような造形物がいたるところにあり、会場を見て回るだけでも十分、楽しむことができました。





 そんな中、会場を盛り上げていたのが、人気アーティストのゴールデンボンバーが登場した、コナミブースの「スーパーボンバーマンR×ボンカレー」コラボステージ。ボンバーマンとボンカレーのコラボ広報大使に、“ボン”繋がりで就任したゴールデンボンバーが、今回のコラボを盛り上げるために、白ボンとゲーム対決を繰り広げました。



 とは言っても、白ボンはある事情によりコントローラーが握れないため、女性芸能人のeスポーツ大会「eQリーグ」で優勝した、「SUN COLOR’S」の門山葉子さん、みょんさん、平山りのさん、鈴木亜里紗さんが登場し、白ボンの代わりにゴールデンボンバーと対決しました。



 対決は会場の控え室でも練習をしていたというSUN COLOR’Sの圧勝。途中、ゴールデンボンバーの樽美酒研二さんが、SUN COLOR’Sのところに行き、妨害行為をしたり、「電源を切れ!」と負けそうな人がよく言うセリフで会場を笑わせたりしていましたが、SUN COLOR’Sはものともしませんでした。





 対決後、実はゴールデンボンバーが勝ったら、「ボンカレー」と「ゴールデンボンバー」のコラボパッケージを作ることになっていたと知らされ、さらに落胆するゴールデンボンバーの4人。しかし、会場に集まったファンの後押しで、特別にコラボパッケージの制作が決定。これには、ゴールデンボンバーの4人も、会場に集まったファンも大喜び。最高の盛り上がりを見せ、ステージは幕を下ろしました。





 続いて向かったのは、ゲームエリアではなく、フードエリア。美味しい料理もゲームショウの魅力のひとつ。今回も、ローストビーフ丼にステーキカレー、牛タン串や焼肉丼など、絶賛デブ活中の筆者を惑わす、たくさんの出店が立ち並んでいました。



 その中で筆者が選んだのは、自家製ローストビーフ丼とステーキカレー。ローストビーフは、厳選された牛もも肉に、オリジナルブレンドのスパイスを施し、低温でじっくり旨味をとじこめた逸品。ステーキカレーも肉が思っていたよりも分厚くてジューシー、カレーとよくマッチして美味!あっという間に完食してしまいました。









 満腹になったところで、ゲームショウのもうひとつの魅力と言えば、綺麗なコンパニオンさん。ということで、「DMM GAMES」ブースではなんとコンパニオンさんのランウェイが行われるとの情報をキャッチ!「DMM GAMES」ブースに着くと、さっそく美人コンパニオンさんがお出迎えしてくれました。





 開始時間が迫ってくるとステージの周りには続々とカメラを持ったお客さんたちが集まってきました。ランウェイが始まると、颯爽と登場する美人コンパニオンさんたち。同時に、フラッシュの嵐が起こり、ステージが興奮のるつぼに。さすが、「DMM GAMES」ブースのゲームショウの舞台に選ばれるコンパニオンさんだけあって、お客さんを夢中にさせる魅力が溢れています。このステージを離れるのが辛かった……。







 そして、今回、東京ゲームショウを訪れた目的のひとつであるセガゲームスブースの「龍が如く7 光と闇の行方」ステージへ。「龍が如く7」とは、5月に開催された助演女優オーディションの二次審査から取材をつづけている、もはや切っても切れない縁。

 「龍が如く7 光と闇の行方」ステージの隣には、「龍が如く7」の世界観を表現しているフォトスポットがあり、札束風呂の前で美人コンパニオンさんがポージングをしていました。時間帯によっては、なんと助演女優オーディションでグランプリを受賞した鎌滝えりさんや、特別賞の沢すみれさん、柳いろはさんの3名が登場していたらしいのですが、今回は残念ながらタイミングが合わず、撮影することができませんでした……。



 ステージが始まると最初に登場したのは、名越稔洋さん(総合監督)。その手には、日本ゲーム大賞の「フューチャー賞」のトロフィーが。「フューチャー賞」は、「東京ゲームショウ2019」内にて発表・出展された未発売作品が対象で、9月12日〜 14日までの間に、来場者の発売を待ち望む多くの声や支持を得た作品の中から、日本ゲーム大賞選考委員会の審査を経て、選出される作品です。このことからも「龍が如く7」の注目の高さが伺えます。



 今作には大物俳優が数多く出演。「龍が如く」シリーズと言えば、ドラマを盛り上げる豪華な出演キャストも注目ですが、今作には堤真一さんや安田顕さん、中井貴一さんなど、超大物実力派俳優が起用されています。名越さんも「素晴らしいキャスティングを揃えることができた」と自信満々な様子。中でも中井貴一さんは、名越さん曰く「完全に台本を読み込んで来て、台本を見ずに、ずっとマイクに向かって話していた」とのこと。



 その後、主人公の春日一番役の中谷一博さん、チーフプロデューサーの横山昌義さんが登場。中谷さんは、外見も春日一番のような格好で登場。「最終日、盛り上がっていくぞー!」と、会場を盛り上げていました。



 今作は、「リアルタイムRPGバトル」「ハローワークで様々な職業にJOBジョブチェンジ」「シリーズ史上、最大規模の舞台『横浜・伊勢崎異人町』」「金と絆の力で強敵を打ち破る」「横浜に登場する新しいプレイスポット」「パチスロメーカーとのコラボ」などなど、注目要素が盛りだくさん。

 この他にも注目なのが、向田紗栄子役で出演する人気声優の上坂すみれさん。最終日は実際にステージにも登場。「龍が如く」のプレイヤーで、大ファンでもあるという上坂さんは、「今回は、春日さんがゼロから出発してテッペン目指すみたいなストーリーが凄く熱いなと思って、台本を読むのが凄いワクワクしました!」と、興奮気味に話していました。

 実は、そんな上坂さんが今作にキャスティングされたのは、中谷さんがきっかけという事実も発覚。何年もやっていて台本を読み込んでいる中谷さんに、チーフプロデューサーの横山さんが「紗栄子役でオススメの人いる?」と聞いたんだそう。

 すると、中谷さんが上坂さんを紹介し、最後に名越さんが候補者の中から名前を見ずに声だけを聴いて選んだのが上坂さんだったとのこと。上坂さんは、この事実を知らなかったようで、「えぇ!ありがとうございます!嬉しい!」と、ビックリしながらも喜んでいました。

 最後に、中谷さんは「4年間、春日一番を、命をかけてやってきたという自負があります」と話し、会場のファンたちに「2020年1月16日に、俺と一緒に伊勢崎異人町で大暴れしてやろうぜ!今日は、ありがとよ〜!」と叫ぶと、会場も大盛り上がり。最後まで春日らしく、ファンを沸かせていました。



 大盛況のうちに幕を閉じた「東京ゲームショウ2019」。余談ですが、プレスルームの片隅には、モンスターエナジーの大きなクーラーボックスがあり、その中にはモンスターエナジーが大量に入っています。これは記者たちが自由に飲めるようになっているのですが、2日間取材をして疲れた筆者がモンスターエナジーを飲もうと蓋を開けると、まさかの空っぽ……。会場で取材をしていた記者たちも、みなさんお疲れのようですね。





 さらに、会場を出て、海浜幕張駅に向かうと、帰宅するお客さんでいっぱい。入場規制がされ、駅に入るのも一苦労でした。恐るべし、「東京ゲームショウ2019」。来年は時間をずらすということを覚えようと思います。



取材協力:東京ゲームショウ事務局

(取材・写真:佐藤圭亮)

おたくま経済新聞

「東京ゲームショウ」をもっと詳しく

「東京ゲームショウ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ