【ディオール】ヒットパンプスができるまでの舞台裏

9月17日(日)10時0分 オリコン

パンプス「J’ADIOR」はレザー、ベルベット、ラムスキンなどの素材展開があり、ヒールの高さもロー、ミドル、ハイがそろう。

写真を拡大

 ディオールの新アイコンシューズとして注目を集めているパンプス「J’ADIOR (ジャディオール)」の製作舞台裏に迫った動画が公開された。デザインスケッチから、同パンプスを印象づけるバックストラップのリボン製作工程、パーツの裁断など、“珠玉の1足”が生まれるまでを収めている。

 見どころは、イタリア・フィレンツェにある家族経営のエンブロイダリー(刺繍)工房でのリボン作り。「J’ADIOR 」のロゴは、1本の黒糸で刺繍されているため、一文字ごとに手作業で切断する。その後、7万5000以上のステッチが施され、一足分の装飾で実に3時間半を費やしているという。アクセントとなる“結び”が手作業で仕上げられているのも新たな発見といえそう。

 昨年、「ヴァレンティノ」から同ブランドの新クリエイティブ・ディレクターに就任したマリア・グラツィア・キウリが、自身のデビューコレクション(2017年春夏コレクション)で発表したこともあり話題となったパンプス「J’ADIOR」。新生ディオールを象徴するアイテムの知られざる制作背景をうかがえる貴重ムービー、ぜひチェックして。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

舞台をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ