サイプレス上野、当事者が語る“ラップブーム”の実情

9月17日(日)8時40分 オリコン

ミニアルバム『大海賊』でメジャーデビューを果たしたサイプレス上野

写真を拡大

 現在のラップブームの火付け役である『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)の“モンスター”として、圧倒的な存在感を放っていたサイプレス上野。先ごろデビュー17年目にして待望のメジャーデビューを果たした。90年代に端を発した日本語ラップブームの渦の中で揉まれ、現在のブームをけん引する彼に、当時と今では異なる、ブームの“質の違い”について率直な想いを聞いた。

■あのまま『ダンジョン』と続けてたら確実に壊れていた

 サイプレス上野の名を世間に認知させたのは、やはり『フリースタイルダンジョン』の影響が大きい。毎週、血気盛んな若手ラッパーたちとフリースタイルバトルを繰り広げる“モンスター”として高い壁であり続けた上野。「まぁ、自分もあの番組に出たことによって、顔を指されることは確実に多くなりましたよ。ちびっ子とかにも『あ! サ上だ!!』とか言われたり、ツイッターとかにも『サ上が女といた!』とか書かれたり。で、まさかの嫁が感づいてエゴサーチしたり(笑)」と語る。

 真剣勝負の場で、若手からフリースタイルバトルを挑まれるモンスターたち。特にサイプレス上野は、ガチンコの場でありながら、本能的に“プロレス脳”が働くのか、取り過ぎなくらいバンプ(受け身)を取り、多くの視聴者から支持を受けた。「バンプの取り方次第で『あれはもしかしたら茶番なんじゃないか?』なんてネットで騒がれるぐらい、やっぱ魅せないといけないんですよ。様々な議論が生まれた方が面白いんでね」と語るように、勝敗以上に“魅せる”ことを信条としてきた。

 だが、毎週にわたり気鋭の挑戦者と対峙することで、当然同じライミング(フレーズ)は使えないし、おのずと消費されていく。モンスターとして負けられないという重圧だけが常に圧し掛かる……はっきり言えば“損な役割”だ。「俺もそうだし、ほかのみんなも収録終わったら魂抜けてますからね。それくらい疲弊していたのは確かです。まぁ、あのまま行ってたら間違いなく潰れてたでしょうね(苦笑)。だから、あの番組に一区切りつけたんですよ」と回顧。8月にモンスターを卒業し新たなリスタートを切ったのだ。

■やっぱり俺らはパッケージで勝負したい フリースタイルはその“過程”

 同番組を機に起こった、新たなラップブーム。当事者である上野は、現在のブームをどう見ているのだろうか?「真面目な話をさせてもらうと、90年代の日本語ラップブームのときもラップを始めるヤツらが凄く多かったんですよ。俺らも含めてね。そこからデモテープを作って認められるとか、ライブやって認められるというのが基本としてあったんです。でも、今のブームの流れはサイファー(フリースタイルラップ)に参加してればラッパーみたいな流れが強くて。その差は凄く感じますね。そこは、なんか違うんじゃないかなって」(上野)

 ブームをけん引してきた身であるからこその苦悩がそこにはあった。「フリースタイルだけに皆が注目しちゃうことにジレンマを感じていたし、俺らはパッケージとしても勝負したいんだ!っていう気持ちがやっぱりあって。俺に言わせると、そこに行く“過程”でのフリースタイルなんすよ」(上野)。 

 フリースタイルだけが注目される現状ではなく、作品としての質で勝負がしたい……それは、『ダンジョン』に挑戦する若手ラッパーたちも同じ想いなはずだと上野は言う。「ジレンマや悔しさを持ちながら、挑戦者もあの場に立っている。だからこそあれだけの熱量が生まれたんであってね。だから、それをとっかかりに更なる広がりが必要なんじゃないかなって。そこで止まっちゃったらブームだって継続していかないと思いますよ。後ろに続くヤツらのためにも、今回の(デビュー)アルバムで、作品の重要性というものにもう一度回帰させたいですね」(上野)。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ブームをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ