一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」登録者数500万人突破 音楽ジャンル歴代最速1年10ヶ月

9月17日(金)7時30分 オリコン

アーティストの一発撮りで人気 YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」の登録者数が500万人を突破

写真を拡大

 アーティストの一発撮りパフォーマンスで人気のYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」の登録者数が、9月16日に500万人を突破した。2019年11月15日のチャンネル開設から約1年10ヶ月のスピード記録で、音楽チャンネルでは歴代最速となった。

 これまでに公開された映像は、9月15日公開のポルノグラフィティ「テーマソング」まで189本、出演アーティストは107組。総再生回数は13億回を突破し、世界224ヶ国から視聴されている。

 4Kにも対応した高画質でアーティストの一発撮りの緊張感と臨場感を届ける同チャンネルは、2019年11月の開設から1年足らずの2020年9月、登録者数200万人を突破。そこから1年で一気に300万人増やし、16日に500万人を達成した。日本の音楽ジャンルでのYouTubeチャンネルにおいて、アーティストの公式チャンネル以外では異例の人数で、音楽ジャンルでは最速での500万人達成となった。

 サブスクやTikTokを中心に人気を集めていたAwesome City Club「勿忘」や、Da-iCE「CITRUS」、変態紳士クラブ「YOKAZE」、MAISONdes「ヨワネハキ feat. 和ぬか, asmi」といった楽曲が、「THE FIRST TAKE」での一発撮り公開を機に、さらなるストリーミングヒットに。

 amazarashi(「季節は次々死んでいく」)やASIAN KUNG-FU GENERATION(「ソラニン」)などふだんはめったにメディアに出演しないアーティストや、藤井フミヤ(「Another Orion」)、郷ひろみ(「2億4千万の瞳 -エキゾチック・ジャパン-」)といったベテランも名曲をアレンジして登場した。

 2020年11月〜2021年7月にかけては新たな取り組みとして、オーディションプログラム『THE FIRST TAKE STAGE』を実施。応募総数約5000組の中から、20歳のシンガー・ソングライターの麗奈が第1回グランプリに輝いた。

オリコン

「チャンネル」をもっと詳しく

「チャンネル」のニュース

「チャンネル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ