“利酒師”高田秋「やっと来ました!」 日本酒を初プロデュース

9月17日(金)8時48分 オリコン

高田秋プロデュースの日本酒『秋華七 -AKIHANA-』発売決定

写真を拡大

 タレント・モデル・利酒師の高田秋が、30歳の誕生日である9月23日に初プロデュースとなる日本酒『秋華七 -AKIHANA-』を期間限定で発売することが発表された。

 『秋華七 -AKIHANA-』は、道南・函館で35年ぶりに蔵元としては84年ぶりに開業した箱館醸蔵ご協力のもと、タレントであり、利酒師としても活躍する高田が、数年間の準備期間を経て自身の想いと知識をもとに、女性にも楽しんでもらえる日本酒を作りたいと、杜氏と一から仕込んだ日本酒。

 本人の名前の“秋”に“華やかな味”を意識した事からの命名。北海道で生産された好適酒造米「吟風」を55%で磨きあげ、地元の水瓶として重宝されてきた横津岳から湧出した水を使っているため、豊かな道南テロワールを100%味わうことができる純米吟醸酒となる。

 北海道テロワールをテーマに、Pleasure Party山田秀樹氏が自ら足を運び、生産者と話をして、味を確かめ、厳選してセレクトした食品を扱うマルシェ『山田商店』で、9月23日から発売。なお、きょう16日より特典付きの特別先行予約もスタートする。

 高田は「今回初めて日本酒のプロデュースをさせていただきました! お話を頂いた時は、やっと来ました!というのが率直な感想です。すでに私の頭の中には作りたいお酒が浮かんでいましたし、お酒が、日本酒がとにかく大好きで、それに地元である北海道の蔵からのお話だったのでとてもうれしかったです」と喜び。

 「利酒師の資格を持っているからなのか、よく友達に、日本酒を飲んでみたいけれど何を買ったらいいのかわからない。や、お父さんにプレゼントしたいけれど、何を買ったらいいかわからない。と質問される事が多くなってきていました。だったら、私が日本酒を作ればいいんだ! 日本酒初心者の方でもみんなが喜んで美味しく飲んでもらえる、プレゼントにも最適な日本酒を作ればいいんだ! そう思って出来上がったのがこの“秋華七”なのです」と明かした。

 「お米の精米や洗米、酒母づくり、仕込み、瓶詰めやラベルまで実際に酒蔵に通い一生懸命お酒作りに携わりました。一つひとつこだわり、試行錯誤を重ねた結果、出来上がった日本酒、“秋華七”是非お手に取って頂けるとうれしいです!」と呼びかけている。

オリコン

「高田秋」をもっと詳しく

「高田秋」のニュース

「高田秋」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ