“乃木坂46兼水泥棒OL”新内眞衣、脚の長さに称賛集まるも、愛称は“2足のBBA”に決定?

9月17日(日)9時0分 おたぽる

乃木坂46公式サイトより

写真を拡大

 10日深夜に放送された『乃木坂工事中』(テレビ東京系)での『失敗したら即ドボン! 知ってて当然ボーダークイズ』という企画で、乃木坂46・新内眞衣の美脚ぶりが際立つ場面がありネット上をざわつかせた。

 今回の企画はメンバーがお互いのことをどれだけ知っているかを問うもの。“生贄の丘”と呼ばれる5メートルほどの高さのステージ上に立ったメンバーに関するクイズが出題され、その難易度により既定の数の正解者が出ればセーフ、アウトならばステージの底が抜け、真っ白い粉が敷かれた床へドボンと落ちる、というルールで行われた。

「新内はトップバッターとして生贄の丘に立つことになったのですが、Tシャツの裾を七分丈のパンツにインしていたため、ただでさえグループ内でトップクラスの脚の長さが余計に際立って見えるように。その姿を見たMC・バナナマンの設楽統からは『脚が長いから(床が)開いてもそのままグインと(落とし穴の両ふちに)脚が届いちゃうんじゃない?』と指摘されていましたが、ネット上でも『冗談じゃなく届いちゃいそう』『どうせならホットパンツで登場して欲しかった』などと反響を呼んでいました」(芸能関係者)

 そんな新内に関して出題されたクイズは、乃木坂46の活動と並行して働く会社内でのニックネームは何か? というもの。新内がメンバーから5名の解答者を選び、その中で3名が正解すればセーフという難易度・中級の問題だったが、その答えは以前、同番組で放送された新内のOLとしての生活ぶりに密着した企画で明かされていた。それだけにメンバーならわかって当然のはず、だったのだが…。

「クイズの答えは“水泥棒”。これは新内が、他の部署のウォーターサーバーの水を頻繁に頂戴していくことに由来するものでした。インパクトのあるニックネームなので正解者続出かと思いきや、新内が指名した秋元真夏、伊藤かりん、西野七瀬、与田祐希、若月佑美の5名中、正解したのは伊藤と若月の2名だけ。秋元にいたっては“2足のBBA”(BBAはババアの意)と、25歳でグループ最年長の新内をイジるような解答を披露。それに便乗して、ステージ上でドボンの瞬間を待ち構える新内の姿に対して“怯えるBBA”と、白い粉まみれになった姿には“二足のBBA 正体現す?”など、テロップでもイジられ放題だったため、ネット上では『新たなニックネームに決定?』『ババアキャラを確立したね』などと指摘する声が飛び交っていました」(同)

 和田まあやによれば、新内はメンバーから“OLババア”と呼ばれているとのことだが、清楚な美少女路線を貫く大所帯の中だからこそ目立つババアキャラは、新内にとっておいしいポジションなのかもしれない。

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

乃木坂46をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ