テレビドラマ『刑事ゆがみ』に稲森いずみ、仁科貴、橋本淳の出演が決定!

9月17日(日)11時35分 RBB TODAY

(C)フジテレビ

写真を拡大

10月から放送スタートのテレビドラマ『刑事ゆがみ』(フジテレビ)のレギュラーメンバーとして稲森いずみ、仁科貴、橋本淳の出演が決定した。

 同作は井浦秀夫が「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で連載中の同名の漫画が原作。罪者の心が読める天才偏屈刑事・弓神適当(浅野忠信)と正義感強い真面目刑事・羽生虎夫(神木隆之介)の凸凹バディが事件を解決する刑事ドラマ作品だ。

 稲村が演じるのは弓神と羽生が所属するうきよ警察署刑事課強行犯係の係長で警部補の菅能理香役。弓神とは警察学校時代からの同期で、管理職としてだらしなく自分勝手な弓神にいつもイライラしている。しかし、刑事としての優秀さは信頼しており、いざという時は上層部にいくら反対されようと、盾となって弓神の味方をする役どころだ。

 また、うきよ警察署刑事課強行犯係の中で一番の年長者であり、弓神・羽生を暖かく見守るベテラン刑事の多々木挙男役を仁科が担当。同じく、うきよ警察署刑事課強行犯係の刑事で多々木と共に強行犯を支えるしっかり者の中堅刑事・町尾守役を橋本が演じる。

 刑事役初挑戦で、“べらんめえ口調”という特徴的なキャラクターを演じる稲森は「言葉に重みが出るように気をつけながら演じているのですが、“べらんめえ口調”がちょっとくせになりそうです(笑)」と話し、「撮影現場は男性ばかりなので、みなさんに負けないように強い女を表現し、今までにない“新しい私”をお見せしていきたいです」と宣言した。

 ドラマの警察指導の人から「見るからに万年巡査部長だ」と言われたというのがベテラン刑事を演じる仁科。主演の浅野については「随分長い時間をともにさせていただいているので、ある種“戦友”だと思っています」と信頼を寄せ、「僕の方が年上ですが、浅野さんは、早くから俳優をやられていますし、常に最先端をいっている方なので、ずっと憧れていました。だから、また共演させていただけてうれしいです」と喜んだ。「僕はいかにも昭和的な俳優なので、みなさんの足を引っ張らないように、最後まで頑張りたいと思います」と意気込んで結んでいる。

 橋本は浅野や稲森との共演について「幼いころからずっと見てきた方たちなので、現場では、緊張もしますが、みなさんとても優しく、刺激的で、楽しい現場です」と雰囲気の良い現場であることを明かし、「『刑事ゆがみ』は、普通の刑事ドラマと思いきや、実はディープな人間ドラマになっていく作品だと思います。演じる側がどう楽しんで、良い作品にできるかにかかっていると思うので、考えたものだけじゃなくて、現場で感じたことを表現していきたいです。ぜひご期待ください!」と呼びかけている。

 テレビドラマ『刑事ゆがみ』(フジテレビ)は10月12日22時からスタート。初回は15分拡大となる。

RBB TODAY

この記事が気に入ったらいいね!しよう

テレビをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ