民進党は政権交代を目指す必要なし、健全野党であるべき

9月17日(日)16時0分 NEWSポストセブン

大前研一氏が民進党に提言

写真を拡大

 民進党の代表選挙は、予想以上に盛り上がりに欠けたものだった。野党第一党としての活躍も期待されていないかのように、無関心な人も多かった。近著『武器としての経済学』が話題になっている経営コンサルタントの大前研一氏が、民進党からなぜ民意が離れているのか、期待されている役割とは何なのかについて、解説する。


 * * *

 民進党の代表に前原誠司元外相が選ばれた。しかし、今回の代表選挙は国民の関心が非常に薄く、全く盛り上がらなかった。代表代行となった枝野幸男元官房長官との争点が、どちらの「小池」(小池百合子氏or小池晃氏)と組むかとか、消費税を増税すべきか否かとか、「原発ゼロ」の目標をいつにするかとか、党内の保守派とリベラル派の対立にすぎなかったからである。民進党は、相変わらず右足と左足が違う方向に動いているのだ。


 しかも、代表選で前原氏は「次期衆院選で政権交代を目指す」と述べた。私は前原氏と面識があり、何度か意見交換もしているが、この目標自体が大間違いであり、民意を理解していないと言わざるを得ない。


 国民の大半は、もはや政権交代は望んでいない。前回の政権交代で誕生した民主党政権があまりにもお粗末だったため、政権交代は懲り懲りだと思っているのだ。にもかかわらず、民進党は十年一日のごとく政権交代ができる「非自民」の受け皿を、などと叫んでいる。


 今の日本に必要なのは、かつての日本社会党や民社党のような“健全野党”である。なぜなら、結局、日本は「何でもあり」の“デパートメント政党”である自民党が支配しているからだ。したがって、自民党と中央集権体制に胡座をかく役人が“悪さ”をしないか監視し、間違った政策の軌道修正をすることが野党の役目なのである。


 たとえば、かつての日本社会党にはロッキード事件など数々の疑惑を暴いて「国会の爆弾男」という異名をとった楢崎弥之助氏や、憲政史上初の女性党首となって「マドンナブーム」を巻き起こした土井たか子氏ら、自民党にとって手強い論客がいた。健全野党に徹して与党の急所を突けば、議員1人でも自民党の抑止力になることができるのだ。


 今で言えば、森友・加計問題の国会質問で安倍晋三首相を厳しく追及して大きな存在感を示した共産党の小池晃書記局長がそれにあたる。民進党の議員が寄ってたかって安倍首相を批判しても、詰めが甘くて小池書記局長1人にかなわなかった。健全野党は、数に頼る必要はない。明確なビジョンと強力な調査能力を持ち、国民の側に立って政権与党を正しく鋭く批判し、役人の狼藉を叩く役割に徹すればよい。政権交代を目指す必要はないのである。


 そのことを、民進党は全くわかっていない。自分たちが政権を取った時、七夕の短冊のような思いつきにすぎない「マニフェスト」は一つも実現できなかった。それでいかに国民に迷惑をかけたか、それにどれほど国民が失望したか、ということに対する反省が全く足りない。


 だから政権交代に必要な数合わせをするために旧民主党、民政党、新党友愛、民主改革連合、自由党、維新の党といった、本来は理念や政策が異なる政党の寄り合い所帯を維持しようとして股が広がりすぎてしまい、党として何をやりたいのかまるでわからなくなっている。いわば「公倍数」はやたらと多いが、「公約数」は極めて少ない、という矛盾した状態なのである。


 森友・加計問題で安倍首相は殊勝になったように見えるが、民進党がそんな体たらくでは再び一強体制に戻り、デパートメント政党・自民党と中央集権体制は変わらないだろう。


※週刊ポスト2017年9月29日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

民進党をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ