倉本聰 もしも恋をするなら「相手はうんと年下の若い子」

9月17日(日)7時0分 NEWSポストセブン

倉本聰氏が「目指すはヌーボー!」

写真を拡大

 往年の大スターが集まった昼ドラ『やすらぎの郷』(毎週月〜金曜昼12時半〜、テレビ朝日系)がクライマックスを迎える。脚本を手掛けた倉本聰さんは、こう話す。


「『やすらぎの郷』には、ぼく自身の実体験もたくさん入れていますよ。ナスの呪い揚げ(第21話)は演劇界で密かに行われていた儀式で、腹が立つやつがいると今でもエイッと串刺しにして、ジュウッと揚げる。姫たちはしょうがじょうゆで食べましたが、にんにくを入れてもおいしい(笑い)」


 ドラマでは年の差カップルの恋の行方も注目だ。菊村栄(石坂浩二、76才)は60才下のアザミ(清野菜名・22才)と、マロ(ミッキー・カーチス・79才)は46才下の伸子(常盤貴子・45才)と、さらに最近の放送では、約25才差の路子(五月みどり・77才)と中里(加藤久雅・52才)のロマンスも浮上している。


「あれはひとつの憧れです。もしぼくが恋をしていたら、相手は同年代の女性だと考えるでしょう? とんでもない。うんと年下の若い子と恋をします。まだ平成モノには手をつけていないので、目指すはヌーボー! だって若い時よりも、正直ぼくは今のほうがずっとモテますもん。


 栄やマロの恋は男のロマンでも、栄の孫の梢(山本舞香・19才)が年の離れたおじさんに惚れて、男の離婚のために『お金ちょうだい』と遺産をねだる場面(第116話)は、『世の中とはこういうもんだぞ』という理不尽さを描いています。孫は大真面目に援助を頼み、おじいちゃんはそれに対して激怒する。本人たちは真剣なんだけど、端から見たら、笑っちゃいますよね。


『かわいい孫になら、おじいちゃん1500万円を用立てるよ。で、何に使うの?』と聞いたら、『男のため』と返され、『えっ!?』と栄が呆然となる。そこが喜劇としておもしろいところなんですが、せっかく書いても演出家も役者もそこをなかなか出してくれない。台本が狙う笑いをことごとく外してくれる(笑い)」(倉本さん)


撮影/矢口和也


※女性セブン2017年9月28日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

倉本聰をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ