盛岡駅近くの“角打ち”二代目広報部長黒猫ミミを紹介

9月17日(日)16時0分 NEWSポストセブン

平興酒店の2代目広報部長・ミミ

写真を拡大

 盛岡市でもっとも古い造り酒屋『菊の司』。夕方になると、そのお向かいの酒店からにぎやかな話し声が聞こえてくる。店内から出て来たのは、赤い首輪がよく似合う黒猫。


「うちの別名は“平興学校”。昭和18年から“角打ち”をやっているんだけど、ここでみんなと話すのが人生勉強になるんだって。さぁ、入って!」


 黒猫のミミは、近所では知らない人がいない名物猫。


「ボクは2代目のミミ。先代のミミにそっくりだったから、名前を受け継いだんだよ」


 初代ミミが交通事故に遭ったことから、飛び出し防止のため長いリードを着用している。


「常連さんがほとんどだけど、旅行で来た人がふらりと立ち寄ってくれることも多いよ」


 午前9時半から営業しているため、「盛岡駅周辺で昼間から飲める店」として紹介されることもあるという。


「インターネットでボクのことを紹介してくれる人がたくさんいるみたいで、『ミミちゃんは人気者だから』って取材を受けることもあるんだ」


 ミミが「お母さん」と呼ぶ平井美根子さんは、ミミだけでなくみんなの“お母さん”。


「お母さんは『ミミを跡取り息子にできたらいいのに』って言うけど、さすがにそれは無理かな(笑い)。でも、お母さんが元気で頑張れるように、孝行息子するよ!」


【プロフィール】

名前:ミミ ♂

年齢:4歳(推定)

種類:猫

勤務先:平興酒店

職種:広報部長・接客係

主な仕事内容:毎日お店でお客さまにごあいさつ。一杯飲んで行く人のお相手。

お給料:お父さんがミミのために買ってくる、ちらし寿司のお刺し身。

好きなこと:お母さんが配達や買い物に行くときの車に乗せてもらうこと。リードをつけてのお散歩。

嫌いなこと:抱っこされるのはあんまり好きじゃない…。

現在の悩み:みんなにかわいがってもらって幸せだから、悩みなし!

将来の夢:あと10年は、お母さんと一緒にお店をやりたいなぁ。


撮影/山口規子


※女性セブン2017年9月28日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

盛岡をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ