「パリ、テキサス」パルムドール H・D・スタントンさん死去

9月17日(日)7時8分 スポーツニッポン

 映画「パリ、テキサス」などに出演した米俳優ハリー・ディーン・スタントンさんが15日、老衰のためロサンゼルスの病院で死去した。91歳。米映画誌などが報じた。

 26年南部ケンタッキー州生まれ。第2次大戦では海軍に従軍し、沖縄戦に参加した。大学でジャーナリズムを学び、西部カリフォルニア州で演劇界に。渋く個性的な演技で知られ、映画「エイリアン」(79年)では最初に連れ去られる機関士を演じた。ビム・ベンダース監督の映画「パリ、テキサス」(84年)では妻子と離れ放浪する男役で主演し、同作はカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した。

 ほかにも「ストレイト・ストーリー」(99年)「グリーンマイル」(同)など数多くの作品に出演。音楽活動も行っていた。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

パリをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ