【夕刊】トム・ハンクス主演SF、ポスター米公開/『DUNE』フランスで好発進/マッチングアプリがテーマのラブコメ映画 ほか

9月17日(金)19時20分 THE RIVER

THE RIVER夕刊号では、その日の記事にはあげられなかったけれど注目しておきたいニュースや話題をまとめてお届け。2021年9月17日のトピックはこちら!

トム・ハンクス主演のSF映画『フィンチ』、ポスター米公開

トム・ハンクス主演のSF映画、『フィンチ』よりポスタービジュアルが米国公開された。荒廃した世界で暮らすロボットエンジニアのフィンチ(ハンクス)が、大切な愛犬と自ら制作したロボットとともに、安心して暮らせる家を見つけるため、危険な旅に出る姿が描かれる。監督を務めるミゲル・サポチニクは、「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)のエピソード監督で、エミー賞に輝いた気鋭だ。Apple TV+にて2021年11月5日に配信開始だ。

『DUNE/デューン』フランスで好発進、欧州各国で順次封切り

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督最新作『DUNE/デューン 砂の惑星』がフランスで好発進だ。2021年9月15日からヨーロッパ各国で封切りを迎えた本作は、公開初日の興行収入がフランスで155万ドルを記録したという。これは、フランスにおいて9月に公開された全映画の初日の興収額で史上4番目の記録とのことだ。

Source:Deadline

マッチングアプリがテーマのラブコメ「マッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」製作へ

マッチングアプリをテーマにしたラブコメ映画が製作されるようだ。その名も『Match Me If You Can(原題)』。コンピューターオタクの女性が出会い系サービスで「マッチしない」と断られたことをきっかけに、出会い系サービスに宣戦布告。世の独り身の不満を代弁する存在になっていくという内容。出会い系サービスのプログラマーで首謀者を、「Marvel デアデビル」ポインデクスター役のウィルソン・ベゼルが演じる。主演はジョージナ・ライリー。2021年10月よりテキサス州オースティンで撮影開始予定。

Source:Deadline

Netflixのグローバルファンイベント「TUDUM」予告編

Netflixのグローバルファンイベント「TUDUM」の予告編が公開となっている。新情報が期待できるのは、『ストレンジャー・シングス 未知の世界』『ブリジャートン家』『ウィッチャー』『ペーパー・ハウス』『コブラ会』『レッド・ノーティス』『ドント・ルック・アップ』『タイラー・レイク −命の奪還−』『ザ・ハーダー・ゼイ・フォール: 報復の荒野』『オールド・ガード』など。9月26日(日) 深夜1時よりNetflixのYouTubeチャンネルで配信される。


THE RIVER

「マッチングアプリ」をもっと詳しく

「マッチングアプリ」のニュース

「マッチングアプリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ