『レミニセンス』冒頭1分圧巻のワンカット、本編映像が公開 ─ 究極の没入感、劇場で体感せよ

9月17日(金)7時0分 THE RIVER

『レミニセンス』

『X-MEN』シリーズや『グレイテスト・ショーマン』(2017)などのヒュー・ジャックマン主演、「ウエストワールド」(2016-)のリサ・ジョイ&ジョナサン・ノーランが製作を務めるSFサスペンス映画『レミニセンス』より、本編冒頭圧巻の1カット映像が公開された。

本編冒頭の1分は鳥のような俯瞰した目線で、海から徐々に水に沈んだ街へと映像が流れていく。廃業した遊園地にセットを建て、さらにそのセットを浸水させて撮影した映像に繋がっていき、最後はヒューが演じる主人公ニックが現れると、水の中に落ちているトランプのカードを手にする。

夜の海の映像は、水や炎のCGに定評があり、マーベル作品や「モンスター・ヴァース」シリーズなど、様々なハリウッド大作でCGを手掛ける制作会社スキャンラインVFXによるもの。世界最先端のCGと圧倒的な規模のリアルなセット撮影による映像、そしていかにも意味ありげな“ハートのQ”のトランプと掴みは完璧だ。この映像のあと、果たしてどの様な物語が展開されていくのか……?

SF作家協会からは絶賛のコメントが到着した。日本SF作家クラブ会長の池澤春菜は「フィルムノワールやスチームパンクといったクラシカルでレトロなガジェットを使いつつ、斬新で蠱惑的(こわくてき)な世界が!夢の中を彷徨うような重層的なストーリー、とびっきりのロマンス、美しい音楽、どれをとっても映画的快楽に溢れている。個人的に主人公は、断然ワッツ」と太鼓判を押している。SFのプロ達お墨付きのSFサスペンス超大作を是非劇場で体感せよ。

共演者には、『グレイテスト・ショーマン』でヒューと共演したレベッカ・ファーガソン、「ウエストワールド」のタンディ・ニュートンら豪華キャストが集結した。監督は「ウエストワールド」を夫でもあるジョナサン・ノーランと共に手がけているリサ・ジョイが務める。

映画『レミニセンス』は全国公開中。

『レミニセンス』公式サイト

THE RIVER

「X-MEN」をもっと詳しく

「X-MEN」のニュース

「X-MEN」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ