「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!

9月18日(水)5時59分 アサ芸プラス

 これはもう、確信犯ではなかろうか。

 9月13日、フリーアナの岡副麻希がインスタグラムを更新。〈こんにちは!お天気すっきりしませんが平日ラストきんようび 低気圧に負けずにえいえいおーっ〉とのメッセージとはまったく関係のないポーズを取った写真も、男のあらゆる妄想を掻き立てるに十分な、何ともいやらしいものだった。

「そこでの岡副は焦げ茶の花柄ワンピース姿。横からの全身ショットで、立ったまま両手を壁につき、背中を思い切り反らせる猫の伸びのようなポーズだったんです。ハッシュタグでは《#背中#音#鳴らす#くせ》としており、その体勢でのストレッチがお好みのようなのですが、いかんせん岡副のカラダが軟らかいことから、形のよいヒップは腰の位置より尋常なく高く突きあげられ、完全に“欲しがり屋さん”のような状態になっていましたね」(ネットウオッチャー)

 これにネットが反応しないわけもなく、〈後ろから突きたい!〉〈アノときはこんな体勢になるのか〉〈ヒップ叩きたい〉〈これは鼻血モノ〉など、タマランという声が殺到したのだ。

「岡副はつい最近も、インスタで学生服姿での“I字バランス”を披露し、頭につくほど高く足を上げた、お股全開ポーズでファンを歓喜させていましたね。普通の女性タレントであれば“あざとい!”などというブーイングが一斉に上がりそうなものですが、彼女の軟体アピールに対しては、そうしたブーイングはさほど見られない。これも天然キャラゆえのことなのでしょう」(夕刊紙記者)

 これからも、「夢のあるポーズ」を披露してほしいものである。

アサ芸プラス

「岡副麻希」をもっと詳しく

「岡副麻希」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ