最狂の詐欺師・椎名桔平の残酷さ爆発!『愛なき森で叫べ』本予告公開

9月18日(水)8時0分 クランクイン!

 園子温監督、椎名桔平主演のNetflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』より、最狂の詐欺師・村田丈(椎名)のだましの手口と残酷さを映し出す本予告が、キーアートと共に解禁された。 本作は、実際の猟奇的殺人事件からインスパイアされた、狂気と愛憎が渦巻くサスペンス・スリラー。世界中でまん延している猟奇的殺人事件の被害者の姿、そして彼らが加害者に転じてしまう人間社会の恐ろしさと闇をあぶり出す。本作で椎名が演じる“村田丈”は軽妙な話術で人の心を操りながら、人を人と思わぬ冷酷さを持つ最狂の詐欺師。大げさなポーズや誇大妄想のようなうそに笑いながらも、徹底した自己中心的な言動に背筋が凍るキャラクターとなっている。

 これまでの園監督作品をほうふつとさせるシチュエーションや、『HAZARD ハザード』(2006)、『自殺サークル』(2002)、『Strange Circus 奇妙なサーカス』(2005)、『冷たい熱帯魚』(2011)、『恋の罪』(2011)などに登場した、村田、美津子、妙子、シンといった同じ名前の人物が次々と現れ、園監督ならではのユーモアとバイオレンスで突き進む。

 本予告は、村田が女子校の卒業名簿で見つけた美津子(鎌滝えり)に電話をかけるシーンから始まり、やがて真っ白なスーツで「結婚してほしい」とプロポーズ。手渡されたケースを美津子が開けると、そこには婚約指輪ではなく五十円玉が入っている。「人生ってジョークだよ。俺にとって壮大なジョーク」と語る村田は、これまでにだましてきた女性たちを集めてライブを開くなど、大胆すぎる行動で人の心をつかみつつ、徹底的な暴力で身体を支配する。

 そんな村田を主人公に自主映画を撮ることにしたシン(満島真之介)、ジェイ(YOUNG DAIS)、フカミ(長谷川大)の3人。村田に近づきすぎた彼らと、美津子の両親である茂(でんでん)、アズミ(真飛聖)をも巻き込み、惨劇の幕が上がる。最後に響く銃声はいったい誰に向けられたものなのか、衝撃のラストに期待が高まる映像となっている。

 キーアートでは、不気味にほほ笑む“最狂の詐欺師・村田丈”を、上京したばかりの青年・シン、そして村田に引かれる妙子(日南響子)と美津子が取り囲んでおり、だます者とだまされる者が交錯する不穏なアートとなっている。

 Netflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』は10月11日よりNetflixにて配信。

クランクイン!

「詐欺」をもっと詳しく

「詐欺」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ