和田アキ子「共演NGタレント」に相次ぐ憶測 「話のしようがない」相手とは...

9月18日(火)17時42分 J-CASTニュース

和田アキ子さんの「NGタレント」が話題に

写真を拡大

歌手の和田アキ子さんがテレビ番組内で「共演NGタレント」の名前を2組挙げた(放送ではピー音)。うち1組について、和田さんが行った説明から、ツイッターでは「叶姉妹のことでは」という憶測が相次いでいる。

一方、放送の翌朝、叶姉妹の「妹」美香さんは、「わかりあえなくてもいいということ。」とタイトルをつけてブログを更新した。もちろん無関係な可能性も十分あるが、和田さんや「共演NG」といったキーワードは出てこないものの、タイミングがタイミングだけに気になる内容だ。



「タレントでもない、女優さんでもないし」




和田さんは2018年9月17日夜、バラエティ番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)に初出演し、「(共演)NGタレント」の質問に答えた。「いますよ、2組ぐらい」と話し、1組目の名前を告げる場面では「ピー音」と「字幕にモザイク」が入った。レギュラーメンバーらが「えー!」と驚くなか、和田さんは



「職業なんなの?あの人たち。タレントでもない、女優さんでもないし。先輩でもない。話のしようがない。ほかの番組見てても、なんでその、裸に近い恰好でって...」


と、その人物像について説明。するとレギュラー陣からは「(答えを)言うてるようなもんですよね」との反応も出た。特定の1組が頭に浮かんだようだ。



さらに「嫌いとか?」と聞かれると、「嫌いですよ」と即答していた。2組目については、「デビュー時にいじめられた先輩」という限られた情報だけの説明で、2人の名前を個別に挙げていたようだ(いずれもピー音)。



放送を受け、ツイッターでは、和田さんが行った説明から、


「1組(目)は確実に叶姉妹だな」

「『あの人たち』と『裸に近い恰好』ってことで、叶姉妹だのー」

と、半ば断定的に推測を披露する人が続出した。ツイッター検索で18日午後、「和田アキ子 NG」などのキーワードで探した範囲(放送時間帯までさかのぼる)では、「1組目」については、叶姉妹以外の推定人物は見つからなかった。中には、和田さんが説明した「タレントでも女優でもない」といったヒントから答は明白だとして、


「これってモザイク(とピー音)にする意味あるのか」

と指摘する声もあった。



叶姉妹の「職業」については、最近のスポーツ紙記事(ネット)の表記をみると、肩書なしで「叶姉妹」(日刊スポーツ、14日)や、「セレブユニットの叶姉妹」(スポーツニッポン、8月12日)などの表現が見つかった。和田さんの説明とは矛盾するが、「タレントの〜」(スポーツ報知、2月10日)という表記を使う社もあった。



「わかりあえなくてもいいということ。」




今回の「しゃべくり007」放送翌日の朝、叶姉妹の「妹」美香さんはブログを更新した。タイトルは「わかりあえなくてもいいということ。」。この言葉は「私の好きな姉の格言のひとつですよ」とのことで、


「人は、自分が理解できないことに対して、恐怖心や不安を感じます」

「でも、わたしの考えでは、わかりあえない=ネガティブなことではないのですよ」

「人と違いがあっていい、ということを含めてピースフルなことが大切なのですから」

と、「姉」恭子さんの言葉を紹介した。



美香さんが恭子さんの「格言」を紹介するスタイルのブログはこれまでにも何度も登場しているが、今回は和田さんによる「共演NG」話を受け、ネット上で叶姉妹に注目が集まる中での更新というタイミングだったこともあり、和田さん発言とネットの反応を意識したのだろうか、とも思えてしまう内容だ。もっとも、ブログに寄せられたコメントには、「心に響きます」といった感謝する内容が目立ち、9月18日夕現在、和田さんの共演NG話に絡めたコメントは見当たらない。

J-CASTニュース

「和田アキ子」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「和田アキ子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ