JOY、超リアルな「天狗」に変身も... ロケ中に転んで「病院直行」

9月18日(火)12時27分 J-CASTニュース

タレントのJOYさん(JOYさんのインスタグラムより)

写真を拡大

タレントのJOYさん(33)は2018年9月17日にインスタグラムを更新、特殊メイクで「天狗」に扮した自身の姿を公開した。

 

JOYさんは赤い顔に長い鼻、目の周りのシワまで、天狗のイメージに近い姿。「#モニタリングの撮影で2時間かけて特殊メイク」とハッシュタグをつけており、特殊メイクは9月13日放送「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(TBS系)に出演した際に施したものと明らかにした。



「なかなかお似合い」「違和感無いよ」



番組は「伝説の生き物が実際に現れたら、信じるか」を検証するもので、JOYさんが天狗に、お笑いコンビ・品川庄司の庄司智春さんが河童に扮した。



メイクから服装まで2人の完成度は高く、番組ナレーションは「お金をかけたのでそこそこの仕上がり」と評価、スタジオからも「すごいすごい」と声があがった。JOYさんは「おい人間ども...ここは俺の縄張りだ...」と、より天狗らしく見せるためのセリフを練習した。



検証を実施したのは河童伝説が残るという、埼玉県秩父市に流れる川。仕掛け人が「パワースポットに行こう」とターゲットを連れてきたところに河童が登場、河童を信じたら天狗も登場するといった構成だ。



インスタグラムで公開されたJOYさんの天狗姿には、「なかなかお似合い」、「違和感無いよ」、「この画像を娘に見せたら泣き叫んで大変でしたw」といった反応が寄せられている。



天狗姿のまま右腕を打撲



JOYさんのインスタグラムには「#ターゲットの前に出た瞬間にコケて病院直行」のハッシュタグもつけられている。



番組では、ロケ開始から4時間経っても河童を信じる人は現れず、作戦を変えたところでようやく河童を信じてくれる人が現れた。しかし、ようやく登場できたJOYさんは「お〜い!」と駆けながら転倒してしまい、右腕を負傷。持っていた団扇を左手に持ち替えるなどかなり痛そうな様子で、ロケは終了した。その後の診察で怪我は「打撲」だったということが判明し、JOYさんは天狗の姿のまま腕をつっていた。



JOYさんのインスタグラムでは「天狗姿」よりも「怪我」に対するコメントが多くみられ、心配する声もあがっていた。



「打撲は治りましたか?」

「ケガしたのは大変でしたが笑いは確実にとりましたよ!身体はりましたね お疲れ様です」

「転けてたの見ました〜(笑)腕打撲で済んでよかったですね!心配しました。あの、痛がりよう...」

J-CASTニュース

「JOY」をもっと詳しく

「JOY」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ