河本準一、“30年越し”の悩みを告白「若えのがずーっと…」

9月18日(金)6時0分 ラフ&ピース ニュースマガジン

9月12日(土)、次長課長河本準一がTwitterを更新。Twitterのアカウント名を変更したことを報告するとともに、その理由を明かしました。



アカウント名をひらがなに


出典: @Junkoumon


河本は「Twitter表記をひらがなにしましたとさ。」と、Twitterのアカウント名を“こうもとじゅんいち”に変更したことを報告。


表記を漢字からひらがなに変更した理由として、河本は「10代から20代前半の若えのがずーっとカワモトさんと言うので」と10代、20代の若者に“カワモト”と呼び間違えられるためだと説明。また、「もう、30年近く間違われる名前よねぇ。カワモトで呼ばれたらもう立つもんね。」と、読み間違えられた際のエピソードも明かしました。


これに対しファンからは、「がんばれー」と応援のコメントが寄せられた一方、「かわもとくんはコントのぶおを思い出しますねえ」「のぶおの時のカワモトくんを思い出します笑」など、次長課長のコントを思い出すといった反応も集まりました。


相方の“裏切り”で死の危機?


そんな河本は、以前相方の思わぬ“裏切り”で死の危機に陥ったことを明かしました。


公式YouTubeチャンネルにてファンの質問に答えるという企画を実施した河本。「今までで一番大変だった仕事は?」との質問に、海の中でサメウォッチングをしたことと回答しました。当時、やたらとサメが寄ってくると不思議に思ったところ、なんと相方の井上が海上から餌を投げ入れていたのだとか。これには河本も「本当に危なかった」と振り返っていました。



今回、Twitterのアカウント名を漢字からひらがな表記に変更した河本に対し、懐かしのコントを連想したファンも多かったようでした。

ラフ&ピース ニュースマガジン

「河本準一」をもっと詳しく

「河本準一」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ