東山紀之が『旅サラダ』で菅官房長官の名前を出し神田正輝も最敬礼…菅が拡大する芸能人脈 エイベックス松浦、モー娘事務所も

9月18日(水)15時30分 LITERA

田は最敬礼、他レギュラー陣も湧き立って…(番組HPより)

写真を拡大

「ポスト安倍」と取り沙汰され、最近も初入閣を果たした小泉進次郎氏の後ろ盾として存在感を発揮している菅義偉官房長官。これまでは「総理の影」「影の権力者」と呼ばれてきたが、「令和おじさん」として認知度が高まったことで積極的にメディアに露出するようになったが、先日、意外なところでも名前が飛び出した。


というのも、先週14日、テレビ朝日系で放送されている旅番組『朝だ!生です旅サラダ』(朝日放送テレビ)において、こんな一幕があったのだ。


 この日の番組ゲストは東山紀之だったのだが、問題のシーンは、勝俣州和がメインの「俺のひとっ風呂」コーナー明けに東山が発した一言からはじまった。


「このあいだ、菅官房長官と番組でご一緒させてもらったら、『旅サラダ』大好きって言っていて。観てくださっているみたいですよ」


 突然はじまった菅官房長官の話題。じつは、東山がMCを務めるテレ朝日曜早朝の番組『サンデーLIVE!!』では放送100回スペシャルとして今月8日に菅官房長官が出演。菅官房長官の日課だという散歩に東山が同行したり、日韓関係に話題がおよぶと「こじれてきたのは、すべて韓国に責任があると思っている」などと発言していた。


 この、東山の「菅官房長官が『旅サラダ』大好きって言っていた」という発言にスタジオは一気に湧き立ったのだが、なんと番組メインの神田正輝はすっと立ち上がって「ありがとうございます!」と一礼。レギュラー出演者の三船美佳も満面の笑みでカメラに向かって「菅さ〜ん」と手を振り、勝俣も「菅さん!『(俺の)ひとっ風呂』、よろしくお願いします! 一緒に入りましょう!」「(共演が)実現するかもしれませんからね。嬉しいですね。毎週見てくれて」とラブコールを送ったのだった。


 番組を観ているという話だけで、わざわざ起立し、カメラに向かって一礼するって……。もはや北朝鮮における金正恩委員長のような扱いではないか。


 だいたい、こんな話を嬉々として語る東山もどうかしているとしか言いようがないだろう。差別問題に強い意識を持っている東山には期待を寄せてきたが、菅官房長官を出演させた『サンデーLIVE!!』でも、「パンケーキ好き」だの「次期総理候補」だのと完全に菅のPR番組と化していた。


 だが、東山の番組に出演したのも、ここ最近の安倍官邸の戦略の一環であることは間違いない。というのも、藤島ジュリー景子副社長の体制となってからというもの、安倍官邸とジャニーズ事務所は急接近しているからだ。


 実際、5月には安倍首相がTOKIOのメンバーと行きつけのピザ店で会食をおこなったことが大きな話題となったが、6月には習近平ら海外首脳との会談前という重要な日程のなかで時間を割いて関ジャニ∞・村上信五の取材を受けている。さらに、11月に開催される予定で、安倍首相も主催団体役員として名を連ねる「新天皇陛下の御即位をお祝いする国民祭典」では、嵐がパフォーマンスをおこなうことが決定したばかりだ。


 また、4日におこなわれたジャニー喜多川氏のお別れ会では、安倍首相はわざわざ「ジャニーさんへのエンターテインメントへの熱い思い、託したバトンは、必ずやジュリーさん、滝沢さんをはじめ、次の時代を担うジャニーズのみなさまへと、しっかりと受け継がれていくと私は確信しております」という弔電を寄せている。


 嵐に関ジャニ、TOKIO、そして事務所の重鎮でもある東山まで……。こうして安倍官邸はジャニーズに触手を伸ばし、着々と“宣伝部隊”化させようとしているのだ。


 そして、こうした官邸と芸能界への接近のなかで、大きな役割を果たしているとみられているのが、菅官房長官だ。


 安倍首相とは違って動静が出ないため、菅官房長官の動きはなかなか表沙汰にならないが、じつは、菅官房長官はかなりの芸能人脈をもっており、安倍首相と同様、芸能関係者と会食を繰り返しているのだ。


●エイベックス・松浦勝人、『ひるおび』恵俊彰も菅官房長官と会食との情報


 たとえば、昨年12月には、幻冬舎の見城徹社長が自身のSNSに〈起業家仲間と菅義偉官房長官を囲んで。東麻布[富麗華]にて〉と写真をアップ。そこには、向かって右に見城社長、左にエイベックスの松浦勝人会長CEOが鎮座し、その中心で菅官房長官が満面の笑みを浮かべていた。


 そして、エイベックスの松浦会長といえば、以前にも菅官房長官との関係が噂されていた人物だ。それは、昨年の沖縄県知事選でのこと。同時期に引退ライブをおこなった安室奈美恵をめぐって、自民党と官邸がきな臭い動きをしていたことが取り沙汰されたが、このときも、菅官房長官が一時、安室の音楽プロモーターを通じて圧力をかけようとしていたことが報じられた。


〈彼女の動向にピリピリしているのが、菅義偉官房長官だ。(中略)安室に関しては、「(契約先の)エイベックスの松浦(勝人会長)とは知り合いだから」と嘯いてる。「菅氏は、安室のライブやツアーを一手に担う音楽プロモーターとも面識があります。菅氏は一時期、安室が県知事選で動かないように彼らに頼むべきか悩んでいました。結局、『安室はどうせ芸能界に復帰する。政治に関わることはないだろう』と判断して連絡するのは止めたようです」(菅氏周辺)〉(「週刊文春」9月20日号/文藝春秋)


 さらに菅官房長官に顕著なのが、テレビのキャスター、コメンテーター、ジャーナリストへの会食による懐柔工作。その相手として名前があがったひとりが、『ひるおび!』(TBS)のMC・恵俊彰だ。


 この話を暴露したのは、東国原英夫。昨年5月の『ゴゴスマ〜GOGO! Smile!』(CBCテレビ)のなかでいきなり「『ひるおび!』の恵と菅さんがご飯を食べた」と発言。『ひるおび!』といえば、田崎史郎氏や八代英輝弁護士ら安倍応援団による政権擁護姿勢が有名だが、MCの恵も菅官房長官と会食をしていたというのである。


「東国原の発言以前から、恵と菅官房長官が食事をしているという情報は流れていました。一度だけでなく、何度か会っている可能性もあります」(全国紙政治部記者)


●菅が東映会長やモーニング娘。事務所会長の古希パーティでお祝いのスピーチ


 また、こんな話まである。内閣改造で経産大臣となった自民党の菅原一秀氏が、今年6月、こんなツイートをおこなっている。


〈東映の岡田裕介会長とアップフロントの山崎直樹会長の古希を祝う会にお招き頂きました。豪華絢爛とはこのこと。菅官房長官、五木ひろしさん、里見浩太朗さんの大御所から橋本マナミさんはじめモーニング娘他、とにかくすごい会でした。映画界、芸能界が日本の文化を築いてきたことを体感しました!〉


 いわずもがな、東映は映画会社大手で、アップフロントグループはモーニング娘。を筆頭にしたアイドルから堀内孝雄、森高千里などのタレントを擁する芸能事務所だ。そんなところにまで菅官房長官は人脈を広げているとは驚きだが、しかも、この会に出席した芸能関係者によると、菅官房長官は挨拶にも立ったという。


「菅さんは祝辞スピーチをして、“2人(岡田・山崎会長)とよく食事をしている。会うたびにエネルギーをもらっている”というようなことを終始笑顔で話していました。あと、“2人を安倍内閣の大臣として国会答弁に立たせてみたい”みたいなリップサービスまで披露していましたね」


 このように、ただの鉄面皮ではなく、国民の与り知らないところで不気味な“笑顔”を振りまいて芸能界にネットワークを築き上げている菅官房長官。しかも、恵俊彰や安室奈美恵の件のように、これまではその人脈を安倍政権のための工作に活用してきたが、今回、東山紀之の番組に出演したことからもわかるとおり、最近一気に「ポスト安倍」として注目を集めていることで、そのネットワークを自身のイメージアップのために使おうとしているのだろう。


 そして、もっとも恐ろしいのは、こうした芸能人脈が憲法改正に向けて総動員されることだ。吉本興業やジャニーズ事務所はもちろん、アイドルに演歌歌手、俳優といった多岐にわたる芸能人を動かすことができる実力者たちとの深い繋がり──。菅官房長官は改憲キャンペーンで一体どんな手に出るのか。想像しただけでゾッとするほかないだろう。
(編集部)


LITERA

「芸能人」をもっと詳しく

「芸能人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ