『ランウェイで笑って』TVアニメ化!メインキャストは花守ゆみり&花江夏樹

9月18日(水)8時30分 マイナビニュース

「週刊少年マガジン」(講談社刊)にて連載中の、猪ノ谷言葉によるトップモデルとデザイナーを目指す青春群像劇『ランウェイで笑って』が、2020年1月にTVアニメ化されることが決定した。

■『ランウェイで笑って』イントロダクション
身長158cmの藤戸千雪の夢は、パリコレモデル。モデルとして致命的な低身長を理由に、周囲は「諦めろ」と言うが、それでも折れない。そんなとき、家族を養うためにファッションデザイナーの夢を諦めようとする都村育人に出会う。——これは一途に夢を追って走り続ける、2人の物語。

アニメ化決定にあわせて、藤戸千雪と都村育人のそれぞれの夢への道を表現した第1弾キービジュアルを公開。また、千雪と育人の二人の夢への物語が動き出す様子を描いた第1弾PVも公開されている。
○●TVアニメ『ランウェイで笑って』第1弾PV|2020年1月放送

メインスタッフは、監督を長山延好、シリーズ構成を待田堂子、キャラクターデザインを金子美咲、そしてアニメーション制作をEzo'laが担当。注目のメインキャストは、藤戸千雪役を花守ゆみり、都村育人役を花江夏樹が演じる。
○●TVアニメ『ランウェイで笑って』登場キャラクター

■藤戸千雪 cv. 花守ゆみり
パリコレモデルを目指す、身長158cmの女子高生。スタイル自体は良いが、身長は10歳の頃から全く伸びていない。父が社長を務めるモデル事務所「ミルネージュ」から、モデル平均身長約179cmのパリ・コレクションへ出演することを目指している。
◎藤戸千雪役:花守ゆみりのコメント
強くて美しく、負けず嫌いな千雪をこうして自分が演じさせていただけるのが夢のようです。どんなに逆境に立たされても強く在れる彼女の、儚くも力強い魅力を声でも届けられるよう、精一杯演じさせていただきます。どうぞよろしくお願い致します。

■都村育人 cv. 花江夏樹
ファッションデザイナー志望の男子高校生。母子家庭の長男で、3人の妹がいる。家庭が経済的に困窮しており、学校に白米ともやしの弁当を持参することも。心優しい性格で、家計を支えるべく、ファッションデザイナーの夢を諦め就職することを考えている。
◎都村育人役:花江夏樹のコメント
原作を読んでいて、何度も泣いてしまいました。服は好きですがその裏側は全く未知でした。千雪や育人、様々な思いを持ったキャラクター達を通して描かれるランウェイはとても魅力的で、環境や生まれ持った物への葛藤、自分を貫き通す力に勇気を貰い応援したくなる作品です。家族と支え合いながら夢を追う育人の魅力をしっかりと伝えられるように精一杯演じさせて頂きますので、宜しくお願い致します!

さらに、原作者・猪ノ谷言葉より寄せられたお祝いコメントとお祝いイラストもあわせて紹介しておこう。なお、お祝いイラストが描かれた色紙をアニメ公式Twitter(@runway_anime)をフォロー&該当するツイートをリツイートすると抽選で2名にプレゼントされる。応募期間は9月30日まで。

◎原作者・猪ノ谷言葉のお祝いコメント
『ランウェイで笑って』TVアニメ化!猪ノ谷もニッコニコ!!読者の皆様の応援のおかげです、ありがとうございます!!ファッションの三大要素と言われる「形」「素材」「色」。その中で僕が唯一漫画に描けないものが「色」です。その「色」がアニメ化を経て表現されると思うと、頼もしくて仕方ありません。監督を中心に、スタッフの皆様が全力で制作してくださっています。読者の皆様と一緒に、僕も放送開始を楽しみにしています!

TVアニメ『ランウェイで笑って』は、2020年1月より放送開始予定。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)猪ノ谷言葉・講談社/ランウェイで笑って製作委員会

マイナビニュース

「アニメ」をもっと詳しく

「アニメ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ