V6井ノ原快彦、アニメ映画のナレーション初挑戦<映画 すみっコぐらし>

9月18日(水)5時0分 モデルプレス

井ノ原快彦(C)2019 日本すみっコぐらし協会映画部

写真を拡大

【モデルプレス=2019/09/18】V6の井ノ原快彦が、『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』(11月8日公開)でアニメ映画のナレーションに初挑戦することがわかった。

「すみっコぐらし」は2012年に、たれぱんだ、リラックマなどで知られる「サンエックス株式会社」から発売された大人気キャラクター。さむがりの“しろくま”や、自信がない“ぺんぎん”、食べ残しの“とんかつ”、恥ずかしがり屋の“ねこ”など、個性的なキャラクターが多数登場、それぞれにすみっこを好んでいる。

たまにポジティブ、ちょっとネガティブ。まるくて柔らかなフォルムと、本作品ならではのストーリー展開で、子どもから大人まで年齢・性別を超えた多くの人の心をとらえ、7周年を迎える今年「日本キャラクター大賞2019」でもグランプリを受賞。いまもっとも勢いのあるキャラクターとして話題になっている。

◆井ノ原快彦&本上まなみがナレーションに決定

本作のナレーションを、歌手・俳優業のみならず、様々な番組の司会を務めるなど、老若男女から幅広く支持を集める、アニメ映画のナレーション初挑戦となる井ノ原と、ナレーターとして多彩な作品で活躍し、2児の母親でもある女優の本上まなみが担当することが決定。井ノ原と本上が2人で、物語の語り部として、すみっコたちの冒険をやさしく見守る。

今回の劇場アニメでは“すみっコぐらしチーム完全監修”の新作ストーリーで、“絵本の中に連れて行かれたすみっコたちの大冒険”を描き、スペシャルな衣裳やアイテムとともに登場。さらに劇場版ならではの魅力的な新キャラクターも登場し、活躍を繰り広げる。(modelpress編集部)

■井ノ原快彦コメント

今回アニメ映画のナレーションは初めてだったんですが、楽しい収録でした。まんきゅう監督とも息が合って、普段自分では使わないような声を引き出していただきました。気になるキャラクターは、えびふらいのしっぽです。僕はいつも残さず食べるので、最後まで食べてほしいっていう願いを叶えてあげられるかなと思いました。

「こういうことってあるよなあ」とほんわかした気持ちになったり、時にはほろっとするような場面もあったり。家族揃って観て、感想を言い合えるような作品になっていると思います。

■本上まなみコメント

動いているすみっコちゃんの姿にわくわくしながら、楽しく収録しました。実は私も、子どものころからの“すみっこ派”。壁とタンス、壁とソファの隙間なんかにきゅきゅっと挟まりじーっとしていたので、よく家族に探されていましたっけ…。そのため彼らには、とても親しみを感じているのです。

今回は絵本の語りを担当しました。みなさんも読んだことのあるお話がきっとあるはず。すみっコたちは映画のなかでもすみっこにいるのかな?ひみつのコって誰だろう?ご家族やお友だちと一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです。

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「V6」をもっと詳しく

「V6」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ