「王室教師ハイネ」劇場アニメ化 TVアニメのその後を描く

9月18日(火)14時28分 おたくま経済新聞


 赤井ヒガサ原作「王室教師ハイネ」の劇場アニメーション化が決定した。完全オリジナルストーリーで2019年2月16日から劇場公開される。

 決定発表にあわせて、キービジュアルおよび劇場版オリジナルキャラクター双子王子のビジュアル、特報が解禁。さらに第一弾前売券も販売開始となった。

双子王子(左:イヴァン-右:ユージン)

 「王室教師ハイネ」は、王子を教育する専属家庭教師=王室教師としてグランツライヒ王国に招かれたハイネ・ヴィトゲンシュタインが、美形だが曲者揃いの4兄弟王子を立派な次期国王候補に育て上げるべく奮闘する王室コメディ。原作はスクウェア・エニックスの月刊Gファンタジーで連載されている。

 2017年春にTVアニメ化(テレビ東京ほかにて、2017年4月〜6月放送)、そして2017年秋に舞台化(2017年9月7日〜18日公開)され、アニメと舞台のメインキャスト陣を同一キャストが務めるという試みでも注目された。

 劇場版は、TVアニメのその後を描いたもので、ロマーノ王国から突如やってきた超個性的な双子王子に、ハイネと4王子たちが振り回されながらも奮闘するといったオリジナルストーリーになるという。

 監督はテレビアニメと同じく菊池カツヤが担当。主要キャストには植田圭輔(ハイネ・ヴィトゲンシュタイン役)ら、豪華俳優陣が再集結する。

第一弾前売券(左からハイネ、カイ、ブルーノ、レオンハルト、リヒト)

(C)赤井ヒガサ/SQUARE ENIX・劇場版「王室教師ハイネ」製作委員会

情報提供:エイベックス・ピクチャーズ株式会社

おたくま経済新聞

「教師」をもっと詳しく

「教師」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ