『スッキリ』山口真帆の“肩書き”に注目集まる 「モヤモヤする」

9月18日(水)14時1分 しらべぇ

今年5月にNGT48を卒業し、女優に転身した山口真帆(24)への独占インタビューが、18日の『スッキリ』(日本テレビ系)内で放送された。

事件を振り返る姿や、約4ヶ月ぶりにメディア出演した彼女の近影、そして番組ごとに異なる彼女の肩書や紹介文について、注目が集まっている。


■ファンの存在が支えに

17日、1st写真集『present』(宝島社)の発売記念イベントに出席し、その後同番組の独占取材に応じた山口。改めて「すごく孤独を感じることも多くて、自分の味方がいないんじゃないかとか、思ってしまうこともあった」と、事件当時を振り返る。

続けて、「すごく自信がなくなってしまったりとか、悩むこととか、挫折してしまうようなこともたくさんあったのですが、一番はやっぱりファンの方の存在がすごく大きくて、ファンの方の存在が自分の原動力や仕事への活力になっています」と語った。


関連記事:NGT48山口真帆、ファンへのツイートが「マジで泣ける…」 ネット上で大声援

■今後は「女優の仕事に挑戦してみたい」

グループ卒業後は、大手芸能事務所「研音」に移籍し、女優として新たな道を切り開いている彼女。

「今後の活動について」という質問には、「モデルの仕事はもちろん、女優という仕事にも挑戦していきたいと思ってて、1つ 1つのお仕事に真剣に取り組んでいけるように日々頑張りたいと思っています」と意欲を示した。


■「元NGT48」にモヤモヤする人も

写真集のために「5キロ増量した」という彼女の近影や、自らの言葉で現在の心境を告白する姿には、多くの反響が。

「まほほん、めちゃくちゃ綺麗になってる!」


「女優としての再スタートを切ったまほほんの事、ずっと応援してる! キラキラなまほほんであり続けてほしいな」


一方で、彼女が「元NGT48」と紹介されたことに、「モヤモヤした」という声も。フジテレビ系の『ノンストップ』や『めざましテレビ』に出演した際、「アイドルグループ」「アイドル卒業」などとグループ名を伏せて紹介されていたことが、大きく影響している様子。

「フジテレビは元NGT表記をしなかったのに、日テレは元NGTって紹介して、さらには事件のことをインタビューしてる」


「山口真帆さんを紹介するとき、めざましテレビは『新潟のアイドルグループ』と紹介した一方、スッキリは 『NGT48の元メンバー』と紹介した。なんだろう、この紹介の仕方の違いはモヤモヤする」


事件当時、運営側の対応は賛否両論を巻き起こしており、グループを離れた彼女が「元NGT48」と紹介されることに、複雑な思いを抱いてしまう人もいるようだ。

女優としての活動がスタートした山口。彼女の今後のさらなる活躍に期待したい。


・合わせて読みたい→NGT48早川支配人が「再発防止の7ヶ条」を発表 炎上アカウントは今回沈黙貫く


(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい



しらべぇ

「スッキリ」をもっと詳しく

「スッキリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ