【インタビュー】「僕らは奇跡でできている」高橋一生「僕は“足りていないところ”は、基本的にはもうないです」 “変わり者”の大学講師役で主演

9月18日(火)15時12分 エンタメOVO

(C)カンテレ

写真を拡大

 10月9日午後9時から、カンテレ・フジテレビ系でスタートする、連続ドラマ「僕らは奇跡でできている」に高橋一生が主演する。高橋が演じるのは、生き物の“フシギ”に目がない“変わり者”の大学講師・相河一輝(あいかわ・かずき)。動物の行動を研究する“動物行動学”の大学講師である相河は、興味のあることや好きなことには集中力が高く徹底的に調べたり研究したりする一方、不得意なものは先送りにする癖があり、時間やルールを守ることができない。周囲から“変わり者”として煙たがれる一風変わったキャラクターに挑む高橋が、役への取り組みを語る中で、自身との意外な共通点、普段から抱いている“思い”などを語った。



−今回、高橋さんは生き物の“フシギ”に目がない、変わり者の大学講師を演じますが、ご自身と比べてみていかがですか。

 今回は、役を役として見ることができないというか…。というのも、僕も没入してしまうタイプなので(笑)。ドラマを通じて、一輝の“生態”のようなものを見ていただき、どう感じてもらえるか、それが今回のドラマの一つの側面でもあります。何か一言、一輝がポツンと言ったことが、見てくださった人の心に引っ掛かってくれたら。「何だか分からないけど、不思議に面白いんだよね」「高橋一生の役はイライラするんだけど、何か変なことを言ったな…」などと思っていただけたらうれしいです(笑)。

−高橋さん自身も、生き物に興味を持っていますか。

 興味はすごくあります。「人類誕生」(NHK総合)という番組をやらせていただいたのですが、とても楽しくて。ただ、自分の好みを役に投影し過ぎると、それは僕自身になってしまうので、自分に似ているところが多々あっても、ちゃんと差異をつけていかなくてはと、そこのバランスは考えています。

−一輝を演じるために、特徴的なしゃべり方をしたり、しぐさを変えたりすることはありますか。

 ポーズってすごく大事で、それをきっかけに役のスイッチが入ったり…ということはあると思いますが、キャラクターを作り過ぎるのも、ちょっと怖いと思っていて。とても繊細な話なので、自分からポーズを作ってキャラクターに入っていくということは、これまで通りあまりしないようにしています。

−演じるのが難しそうなキャラクターですね。

 ただ、現場の皆さんにお会いすると、必然的にスイッチが入る部分はあります。ジョージというヘルマンリクガメが出てくるのですが、この子がとにかくかわいい(笑)。好奇心旺盛でとにかく前にグイグイ進んでいく。もう見習いたいぐらい(笑)。昨日も、随分車に揺られながら移動したのですが、僕がカゴから出した途端、宙ぶらりんの状態でも前に動き出そうとするんです。やっぱり好奇心って大事だと思いました。

−変わり者で周囲をイラッとさせることもある一輝ですが、高橋さん自身が人からイラッとされてしまうことはありますか。

 僕は話が長いんです(笑)。普通の人だったらそろそろイライラしてくるだろうな…というタイミングでも、プロデューサーの豊福(陽子)さんはニコニコと笑顔で見守ってくださっているので、きっとこのドラマに僕が適役だと思われたのではないでしょうか(笑)。

−高橋さんご自身が自分のことを変わり者だと思うことはありますか?

 変わり者だと自分で認識していると、「俺って、変わり者でしょ?」と提示してしまうことになるので…。「俺、『変わっている』ってよく言われるんだよね」と言うような人にはならないように気をつけています。

−何かに没入すると、歯医者の予約を忘れたりしてしまったりする一輝ですが、高橋さんもそういう経験はありますか。

 約束を破ってしまうことはあります(笑)。友人と遊ぶ日に仕事が入ってしまったり、仕事がある日の夜に友人を呼んでしまい、間に合わず「ちょっと先に始めといて」と言ったり…。もうそりゃ非難ごうごうです(笑)。そういうときは、本当に平謝りです。

−高橋さんが、民放ゴールデン・プライム帯連ドラに主演するのはこれが初めてです。特別な意識はありますか。

 大変、失礼なことかもしれませんが、今まで通りです。ここで浮足立ってしまってもしょうがないですし、今まで通りお芝居に向かい合っていくというスタイルは変えていないです。それは皆さんが決めてくださればいいと思っています。「こいつ多分、意気込んでるな」という感じで(笑)。

−視聴者の反応は知りたいですか。

 そうですね。けれど、僕はそれを直接見ることはできない。まずは、スタッフの方々に「この人を使って良かった」と思ってもらえるのが一番です。それが拡大して見てくれている人(視聴者)になると思っているので。現場のスタッフの方々が「これは面白くなるぞ…」と感じている雰囲気って空気で分かるんです。それをいつも見ていて、反応がいいと「あっ、これでいいんだ」と演じる上での迷いもなくなっていく。自分だけで完結するのでなく、スタッフの皆さんが出してくれた反応を共有しながら、やっています。

−ドラマのタイトル「僕らは奇跡でできている」については、どのように感じましたか。

 「全くその通り。全部、同意します」と思いました(笑)。みんな、仕組まれたかのような奇跡的なタイミングで(この世に)存在しているわけですが、普段はあまりそのことに気付かない。人はどうしても「何か足りない」と思い、それを足していくような作業をしているけれど、真理は決してそういうものではないんじゃないかと思うんです。生きていく上では何かを求めていかなければいけないけれど、「全部足りている」というところからスタートできるのと、「足りないから何かを補充していく」というやり方では、随分生き方が変わってくると思います。

−高橋さんがご自分の中で「足りていないもの」「足りているもの」を意識することはありますか。

 僕は「足りていないところ」は、基本的にはもうないです(笑)。「足りている」ということに関しては、ただ感謝していくしかないです。先ほども話したように、みんなが「高橋一生、面白いな」と現場で思ってくれていて、それに対して自分が応えることができる環境にいられるって、僕にとっては既に「足りている」状態なんです。「足りていないものが何か…?」となると一生懸命考えなければ見つかりません(笑)。

(取材・文/山中京子)

エンタメOVO

「講師」をもっと詳しく

「講師」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ