【インタビュー】『初恋ロスタイム』吉柳咲良、“ピーターパン”が映画の世界へ! 石原さとみ、深田恭子を輩出した「オーディションの名を汚せない」 

9月18日(水)15時29分 エンタメOVO

 1日1時間だけ時が止まるという不思議な現象の中で出会った男女の切ない初恋を描いたラブストーリー『初恋ロスタイム』(9月20日公開)。同作で、諦め癖がついてしまった浪人生・孝司(板垣瑞生)の心を徐々に変えていく、明るく行動的な女子高生・時音を演じる吉柳咲良。“ポスト深田恭子石原さとみ”として芸能界入りし、映画デビューを飾った吉柳に、撮影時のエピソードや、女優としての今後の展望などを聞いた。



—第41回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE GIRL 2016」グランプリを受賞して芸能界入りしましたが、そもそもの応募のきっかけは?

 もともと芸能界に入りたい気持ちはありましたが、一番のきっかけはドラマ「リッチマン、プアウーマン」で石原さとみさんの演技を見たことです。だんだんドラマであることを忘れてしまうくらい物語に引き込まれてしまい、その演技力に感動しました。バラエティ番組などで見せる姿もとてもすてきで、私のように憧れる人はたくさんいると思います。そんな風に人を魅了するさとみさんのようになりたくて応募しました。

—2016年の同オーディションは「10代でブレイクする“王道”で“主演級”の女優の発掘」を目的としており、過去のグランプリストは深田恭子さん、石原さんと聞くと、プレッシャーもありそうですが…。

 オーディションの名を汚せないので、プレッシャーはものすごくあります。でも、それだけでなく、せっかく自分の意志で受けて、グランプリを頂いたのだから、後悔のないように毎日を一生懸命に過ごしていきたいです。例え、さとみさんのようになれなくても、自分らしく、みんなから尊敬される存在になりたいです。

—憧れだった芸能界の日々はいかがですか。

 楽しい毎日です。もちろん、初めてのことばかりでできないことも多く、つらく、悔しく、泣くこともあります。でも、常に先輩方や誰かしらに見守られ、助けられているので、感謝でいっぱいです。グランプリ受賞時、さとみさんが「自分がつらくなったときに周りの人のことを忘れないでほしい」とおっしゃっていましたが、年が経つごとに、いろんな人に助けてもらって、今ここにいることを実感しているので、あの言葉の通りだなと思います。

ー芸能界での活躍を後押ししてくれる、自身のストロングポイントはなんでしょうか。

 ハスキーな声を褒めていただくことは多いです。ミュージカル「ピーターパン」でピーターパン役を3年間演じさせていただきましたが、声が低い方なので、男の子の役も合っていたのかなと思います。

ー今後、どういうキャラクターを演じてみたいですか。

 イメージを付けずにいろいろな役が演じられる女優になりたいですが、自分自身強くありたいと思うので、アクションに挑戦して格好いい女性を演じてみたいです。

ーこれまでは舞台「ピーターパン」、声優として新海誠監督の最新アニメーション映画『天気の子』で活躍されて、今作が女優としての映画デビューになりますが、オファーを受けた時の率直な感想は?

 言葉が出なかったです。驚きと不安とプレッシャーが大きくて、私で大丈夫なのかな?と思いました。でも、初めての映像作品ということで、だんだん心配から気合に変わりました。撮影が始まると緊張もありましたが、相手役の板垣さんや(事務所の)先輩の竹内(涼真)さんが常に支えてくださったので、安心して取り組むことができました。

ー時音役はすんなり演じることができましたか。

 時音は自分に似ている部分が多いので、抵抗なく、自然体で演じることができました。なので前半は、今までできなかったことに挑戦できる、孝司と二人だけの時間“ロスタイム”を、時音として楽しむことを心掛けました。そうすることで、後半で分かる時音が抱える秘密がより深いものとして伝わるのではないかなと考えました。

ー時音と似ている部分とは?

 ハッキリした物言いのところは似ています(笑)。

ー撮影中の楽しかったエピソードを教えてください。

 高いところ好きなので、トランポリンで遊ぶシーンは気持ちよかったし、自転車の二人乗りも最初は怖かったけど、だんだん楽しくなりました。あと、孝司が作ったお弁当を食べるシーンが好きでした。本当においしくて、中でもアスパラガスのベーコン巻きと卵焼きが絶品でした。「ザ・青春」という感じのシーンが多いのですが、やっぱり青春は楽しいなぁと思いました(笑)。

ー逆に苦労したことはありますか。

 泣くシーンはなかなか泣けなくて苦戦しました。それが悔しくて泣きましたが、カメラが回るとやっぱり泣けなくて、結構時間を取ってしまいました。とてもご迷惑をおかけしましたが、皆さん優しく、根気強く待ってくださり、板垣さんがそばで「みんな最初はそうだから大丈夫だよ」と励ましてくださったので、最後はちゃんと泣けました。改めて周りの方々の存在が大きいと気付かされました。

ー映画デビューということも含めて思い出深い作品になったようですが、一番見てほしいポイントはどこですか。

 孝司と時音が出会ってからラストシーンに向けて、どんどん距離が縮まり、いろんなことを学んで成長している姿が映っています。見終わった後に、爽やかで温かい気持ちになってもらえると思います。

ー吉柳さん自身は同作を通してどんな気持ちが生まれましたか。

 大切な人の存在は大きいと思いました。どんなに好きな相手に対してでも、「これはできない」とブレーキをかけることはあると思いますが、孝司の時音に対するブレーキのない恋や、相手を救いたいという気持ちはとてもすてきで、恋ってこういうものなのか…と学びました。

(取材・文・写真/錦怜奈)



■タイトル: 『初恋ロスタイム』
■公開表記: 9月20日(金)より全国ロードショー
■配給クレジット: KADOKAWA
■コピーライト: ©2019「初恋ロスタイム」製作委員会

エンタメOVO

「ロスタイム」をもっと詳しく

「ロスタイム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ