ジミー大西、IMALU&大竹しのぶへのプレゼントや手紙が届かず困惑「若(さんま)に渡した...」

9月19日(木)11時0分 AbemaTIMES

 9月18日、『いつでもどこでも生テレビ〜IMALU 30th B.D. うまれたまんま〜』(AbemaTV)が生放送され、お笑いタレント・ジミー大西が、IMALU家族との関わりを語った。

 19日に30歳の節目を迎えるタレント・IMALUのバースデーを祝うため、各界からIMALUに深いかかわりを持つゲストたちが集結した本番組。誕生日会の仕掛け人であるタレント・若槻千夏とともに、バーで酒を飲みかわしながらスペシャルトークを繰り広げた。

 山田孝之玉山鉄二PUFFY・大貫亜美・吉村由美らに続き、サプライズゲストとして、明石家さんまと深いつながりを持つお笑いタレント・ジミー大西が登場。ジミーはIMALUに高級ブランド・サンローランの紙袋を手渡し、驚くIMALUに「お父さんには1億円くらいお世話になってる」とその理由を説明。一方、IMALUも「赤ちゃんの時から知ってますから」「子守りしてくれてた」とジミーとの家族同然のかかわりを明かした。

 ジミーはそんなIMALUに手紙を書いてきたと明かし、この場で朗読。「30年前に生まれたので、30歳ですね」と、天然なのか狙っているのかわからない文面で笑わせた。

 ここで、画家として高い評価を受けるジミーが、実はIMALUの20歳の誕生日に絵を描いて贈っていたことが明らかに。しかしIMALUは「もらってない……」と身に覚えのない様子。ジミーは「若(さんま)に渡した」とつぶやき頭を抱えながら、「じゃあ、若んとこの倉庫にあんのかな?」とショックを受けた表情。せっかくの絵だが、10年以上もさんまの元で止まっている可能性が浮上した。

 ジミーは、海外に行った時など、IMALUの母・大竹しのぶにも手紙を送っているそう。しかしIMALUは「届いてない」「一回も聞いたことがない」と答え、ジミーは「家には出してない、事務所に出してるよ」と、妙な距離感を保っていることを明らかに。IMALUは「普通に送ってくださいよ」、若槻も「海外からのヤバいファンレターと思われてるんじゃ」と呆れていた。
 

■番組情報
『いつでもどこでも生テレビ 〜IMALU 30th B.D. 生まれたまんま〜』
番組URL:https://abema.tv/channels/special-plus/slots/8EqYa1fTK6npB9

AbemaTIMES

「IMALU」をもっと詳しく

「IMALU」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ