鈴木愛理、ファン300人とサンバを踊る!?自身で企画したファンクラブツアーに「超楽しかった!」

9月19日(木)14時19分 AbemaTIMES

 17日深夜、AbemaTVで元℃-uteで歌手の鈴木愛理と元お笑いコンビ巨匠の岡野陽一がMCを務める『鈴木愛理の火曜The NIGHT』が放送され、鈴木が先日行われたファンクラブツアーについて語る一幕があった。

 オープニングトークをしていると、鈴木のファンクラブイベントについての話題に。9月14日・15日の2日間で「鈴木愛理ファンクラブツアー in NAGANO HAKUBA SAMBA!!!」が行われたと語る鈴木。気になるのはツアー名に「サンバ」の文字が含まれていることだが、これは鈴木のアイディアとのこと。℃-ute時代に実施した、“サンバマスに止まるとサンバを踊らなければならない”というすごろくイベントから着想を得たと鈴木は語った。

 「え、じゃあ自分で(ツアー企画を)決めたってこと?」と、岡野が尋ねると「当たり前じゃないですか」と鈴木は即答。セルフプロデュースでファンクラブイベントを企画したとのことだ。その名の通り、ツアーの要所要所で“サンバタイム”が入り、ファンたちと一緒に楽しく踊ったそう。参加人数は300人規模でのイベントだったと鈴木が明かすと、「えー! 圧巻の光景ですね」と、岡野は大きく驚いた。

 ツアーでは“遅れてきた夏休み”をテーマに、BBQやキャンプファイヤー前でアコースティックライブを行うなど、ファンたちと盛り沢山の内容で交流した鈴木。「超楽しかったですよ!」と、夏の思い出を刻むことができて満足げに笑顔を見せた鈴木であった。

 

▶鈴木愛理、ファン300人とサンバを踊る!?自身で企画したファンクラブツアーについて語る

▶エピソード一覧 THE NIGHT

AbemaTIMES

「鈴木愛理」をもっと詳しく

「鈴木愛理」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ