注目ワード齋藤飛鳥・乃木坂46・齋藤飛鳥 楽天・本塁打 北朝鮮・ミサイル 航空会社・トラブル 中居正広・香取慎吾 2017春・最旬モテ髪

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

水原希子の顔面だけで駄作!?「進撃の巨人」後篇も酷評レビューが決壊寸前

アサ芸プラス9月19日(土)9時59分
画像:水原希子の顔面だけで駄作!?「進撃の巨人」後篇も酷評レビューが決壊寸前

 ネットというのは常に酷評や批判であふれ返っているが、この夏から秋口にかけて、もっともネット上で酷評を浴びせられたのが映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」だろう。製作段階から原作ファンがキャスティングに意義を唱えるなど不穏な空気が流れていたが、公開直前には映画評論家の低評価に樋口監督がブチ切れたり、製作スタッフが酷評するファンに「ハリウッドでも見とけ」と逆ギレ。そういった作り手側のエラーも引き金となり、映画レビューサイトは大荒れとなった。

「ヤフーのレビュー件数が6000件以上、今夏最大のヒット作だった『ジュラシック・ワールド』が約3000件ですから、観客数が半分以下だったことから考えても『進撃』のレビュー数は異常です。そのほとんどが最低評価の1点か、最高評価の5点という両極端で、ただのバトルと化していましたね。監督がバカだから1点、水原希子の顔が大嫌いだから1点、酷評する人たちが嫌いだから5点、三浦春馬が出てるだけで5点など、もはやレビューの体をなしてなかった。あれほど殺気立った映画レビューは初めてみましたね」(エンタメ誌編集者)

 あまりの混乱ぶりに、実際に見た人の正しい評価が伝わらないという声も多かったようだが、19日公開の後篇「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド・オブ・ザ・ワールド」にもその流れはしっかり受け継がれてしまったようだ。

「こっちはある意味もっと凄まじい。公開1カ月前からすでに酷評が100件以上溜まってきてます。つまり、前篇を観たアンチたちのネガティブキャンペーンでしょうね。『人生史上最低の映画』『予告編を流さないでほしい』『水原希子の演技がド素人』など散々です。公開直前でヤフーの平均点が1.7点のどん底レベル。公開後にこれがどう動くか注目されているようですが、配給会社である東宝の全面バックアップによるとんでもない上映回数の多さで、強引にランキングを押し上げる作戦のようですから、再びファンとアンチを巻き込んでの1点と5点の乱れ打ちになるのではないでしょうか」(前出・エンタメ誌編集者)

 前篇での騒動を反省してか、後篇に関してはまるでかん口令でも敷かれているかのように、関係者もおとなしいまま。勝負はシルバーウィークの5日間ということだが、2015年最大の問題作(!?)の行く先に待ってるのは、怒とうの進撃か、それとも退却なのか!

(水谷とおる)

copyright(c)TOKUMA SHOTEN@All Rights Reserved

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

関連ワード

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「水原希子の顔面だけで駄作!?「進撃の巨人」後篇も酷評レビューが決壊寸前」の関連ニュース

注目ニュース
乃木坂46・齋藤飛鳥、編み込みヘアーで投げキッスに賛否両論! 横澤夏子を公開処刑に衝撃走る! おたぽる4月23日(日)9時0分
15日に行われた、女性ファッション雑誌「sweet」(宝島社)主催のファッションイベント『sweetcollection2017』に、同誌…[ 記事全文 ]
テリー伊藤、坂口杏里逮捕は「勲章みたいなもん」 日刊スポーツ4月23日(日)11時20分
テリー伊藤(67)が、恐喝未遂容疑で逮捕されたタレント坂口杏里容疑者(26)の今後について珍提案をした。[ 記事全文 ]
『ゴースト・イン・ザ・シェル』何故ヒロインが日本人じゃなかったのか?足を引っ張った“ホワイトウォッシュ”批判 シネマカフェ4月22日(土)15時0分
『ゴースト・イン・ザ・シェル』の足を引っ張った“ホワイトウォッシュ”批判ってナニ?士郎正宗原作コミック「GHOSTINTHESHELL攻殻…[ 記事全文 ]
さんま「偉いさんの奥様が」テレ東“絶縁”理由語る 日刊スポーツ4月23日(日)10時3分
明石家さんま(61)が、テレビ東京の番組に出なくなった理由を明かした。さんまは22日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」で、「テレビ東京…[ 記事全文 ]
坂口杏里逮捕で「義理の父、尾崎健夫さんにも責任」 東国原英夫の発言に反論続出 Techinsight4月22日(土)21時33分
元宮崎県知事でタレントの東国原英夫が、21日に出演したテレビ番組にて恐喝未遂容疑で逮捕(21日夜、釈放)されたタレントの坂口杏里の事件に触…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 『ゴースト・イン・ザ・シェル』何故ヒロインが日本人じゃなかったのか?足を引っ張った“ホワイトウォッシュ”批判シネマカフェ4月22日(土)15時0分
2 視聴者が戦慄!小栗旬「CRISIS」はあの「プチエンジェル事件」がモデル!?アサ芸プラス4月22日(土)9時59分
3 坂口杏里の悲しき保釈 親族総スカンで警察関係者から困惑の声女性自身4月21日(金)19時0分
4 市川海老蔵の心境は…「家族にあいたい…あいたい」日刊スポーツ4月22日(土)1時15分
5 指原莉乃、ラップで総選挙への本音が爆発「もういいだろ!」モデルプレス4月22日(土)16時17分
6 坂口杏里逮捕で「義理の父、尾崎健夫さんにも責任」 東国原英夫の発言に反論続出Techinsight4月22日(土)21時33分
7 小林麻央が再入院「家で回復させたかった」ナリナリドットコム4月22日(土)19時55分
8 坂口杏里容疑者をホス狂いに育てた「第二のママ」は業界の重鎮だった! 仕事も金も失った後の“生きる術”messy4月22日(土)2時0分
9 さんま「偉いさんの奥様が」テレ東“絶縁”理由語る日刊スポーツ4月23日(日)10時3分
10 乃木坂46・齋藤飛鳥、編み込みヘアーで投げキッスに賛否両論! 横澤夏子を公開処刑に衝撃走る!おたぽる4月23日(日)9時0分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア