木村拓哉“ゲーム化”発表会で一斉指摘されていた「身体的問題」とは?

9月19日(水)9時58分 アサ芸プラス

 現在公開中の映画「検察側の証人」で主演を務める木村拓哉

 一昨年末のSMAP解散後も旺盛な活動を続けているが、今度は「ゲーム」のジャンルにチャレンジする。9月10日に行われたのが新作ゲーム「JUDGE EYES:死神の遺言」の完成披露会見。

会見に出席した木村は、東京を舞台に繰り広げられるサスペンスアクションである同ゲームで主人公のモデルとして起用されている。元弁護士の探偵という役柄で、外見のモデルと声を担当しているが、まさかの「キムタクのゲーム化」にファンならずとも期待が高まるところだ。が、同会見に出席したゲーム誌ライターが当日のウラ話を披露する。

「会見にはキムタクのほか、中尾彬谷原章介、滝藤賢一の出演陣や音楽を担当したアレキサンドロス、ゲームの制作監督らが登壇し、多くのメディアが詰めかけていました。CGのキムタクがなめらかに動くゲームの映像が流れた際は、あまりの完成度に会場がどよめきましたね」

 おおむね好評な会見だったようだが「終了後、記者たちで『さすがにこれは変だよな』と話し合ったんですよ」と、このライターが苦笑いしながら言う。

 いったい、何が変だったのか。

「ゲーム内のキムタクと会場のキムタクで身長が全然違うんです。壇上の印象だとキムタクは他の人達より小さいぐらいでしたが、ゲームの映像だと185センチはあるように見える。新手の『身長偽装問題だ』と語る記者もいましたね」(前出・ライター)

 ついにゲームの世界に進出した木村。12月の発売を楽しみにしたい。

(白川健一)

アサ芸プラス

「木村拓哉」をもっと詳しく

「木村拓哉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ