織田裕二を五輪キャスターに!世界陸上功績で起用計画が浮上

9月19日(木)16時34分 女性自身

俳優の織田裕二(51)とフリーアナウンサーの中井美穂(54)が9月18日、都内で行われたTBS系「世界陸上2019ドーハ」(27日〜10月6日)の制作発表に出席したことを各スポーツ紙が報じた。



今大会期間中、ドーハは日中40度を超える酷暑が予想されているという。各紙によると織田は「体験したくないような……」と苦笑しつつも「来年の東京オリンピックの参考になる」と前向き発言。中井は「織田さんもアツいですが、ドーハも暑いので、さらに熱くなると思います」とフォローしたという。



2人は1997年のアテネ大会から始まり、これまで12大会連続でコンビでメインMCを務めてきた。



「『地球に生まれて良かった!』『見なきゃバカ! 言い過ぎた!』など、これまで数々の名言が織田さんの口から飛び出してきた世界陸上の中継。しかしあまりにもヒートアップし過ぎたため、日本陸連からTBSにクレームが寄せられることもあったそうです。そのためか、ここ数大会の織田さんはテンションを抑えて大人しめ。しかし彼がMCをつとめていなかったら、世界陸上はここまで注目されていなかったはず。局内でも“功労者”と言われていますよ」(TBS関係者)



07年以降の大会では、テーマ曲として織田の「All my treasures」が定着している。また局内では織田の“功績”をたたえるべく、こんな計画が浮上しているという。



「来年の東京五輪で、TBSのメインキャスターは安住紳一郎さん(46)に決定済みです。しかしサブキャスターか陸上中継のキャスターに織田さんを起用しようという動きがあるようです。もし起用されれば、五輪もさらに盛り上がるはず。起用を左右するという意味でも、織田さんにとって今大会は重要な意味を持ちそうです」(前出・TBS関係者)

女性自身

「織田裕二」をもっと詳しく

「織田裕二」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ