小栗旬、『脱力タイムズ』に出演志願も「こんなにやることがあるとは…」

9月19日(木)13時0分 マイナビニュース

俳優の小栗旬が、あす20日に放送されるフジテレビ系バラエティ番組『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜23:00〜)に登場する。

小栗は、もう1人のゲストである陣内智則と対面して話すのはほぼ初めてだという。そんな2人の接点として、小栗のモノマネをするおばたのお兄さんの名前が挙がると、メーンキャスターのアリタ哲平(有田哲平)は陣内に、小栗のモノマネをリクエスト。「僕がですか!?」と戸惑いつつ、陣内は小栗のモノマネに挑戦するが、クオリティーの低さに小栗は機嫌を損ねてしまう。

特集テーマは、特殊詐欺の一種である劇場型詐欺。その手口を全力解説員の出口保行氏が徹底解説する。劇場型詐欺では、複数の詐欺師が役を演じ、詐欺師のシナリオに巻き込まれたターゲットがだまされてしまう。今回は、出演者が劇場型詐欺の具体的なケースをシミュレーションしながら学んでいく。

最初に取り上げるのは、電気業者無料修理詐欺。電気業者を装った詐欺師が無料で修理をすると言って家に上がり込み、隙をついて家の中の物を盗むという詐欺の状況を、出口氏が詐欺師に、アリタが主婦にふんして実演する。しかし、芝居に慣れていない2人のやりとりからは伝わるものがなく、途中から陣内が「長いな〜」と言い出し、小栗は「グダグダでよく分からない」と不満をもらす。

次にシミュレーションするのは、ニセ警官詐欺。警察官を装った詐欺師と一般人になりすました詐欺師が2人がかりでターゲットからクレジットカードの情報を聞き出す詐欺を、全力解説員の岸博幸氏と出口氏が詐欺師役、アリタがターゲット役にふんして実演する。中途半端なアリタたちの芝居にどうしても納得できない小栗は、黙っていられなくなり…。小栗の芝居への情熱によって、詐欺シミュレーションはとんでもない方向へ展開。さらに、熱過ぎる小栗は、陣内を追い込んでいく。

収録を終えた小栗は「やることが多くて、大変でしたね(笑)。僕は陣内さんを攻撃する役割だったので、それだけはやったつもりです。この番組は好きでいつも見ていて、今回は自分から出たいと言ったんですけど、こんなにやることがあるとは思っていませんでした(笑)」と感想。

番組の好きなところを聞くと、「いつもウソばっかりなところですかね(笑)。ゲストで来る役者さんを見ていると、見事に対応できている人もいれば、笑ってどうにもならなくなる人もいたり、その回ごとに違っていて。ゲストの方によって変化のある番組だなと思いながら、とても面白く見ています」とのこと。

そして、「今までこの番組を見てきた中でもだいぶ、僕の立ち位置でやらなければいけないことが多い回だったような気がします(笑)。“この番組って、こんな感じだったかな?”と思いつつやっていたのですが、楽しんでいただけたら、うれしいです」と呼びかけた。

(C)フジテレビ

マイナビニュース

「小栗旬」をもっと詳しく

「小栗旬」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ