新川優愛、結婚後の心境の変化「守るものが増えた」 理想の女性像も語る

9月19日(木)21時0分 マイナビニュース

8月に結婚した女優でモデルの新川優愛が、9月7日にさいたまスーパーアリーナで開催された「マイナビ presents 第29回 東京ガールズコレクション 2019 AUTUMN/WINTER」(TGC)に出演。時価総額12億円のダイヤモンドティアラをつけ、パールブルーのきらめくウエディングドレス姿でランウェイを歩いた彼女は、まさに大輪の花そのものだった。

結婚後もモデル、女優を続けると宣言した彼女に、今回のTGCの感想や、結婚後の心境の変化、憧れの女性像について話を聞いた。

——結婚後初のドレスで、12億円のダイヤモンドティアラをつけてランウェイを歩かれた感想から聞かせください。

時価総額12億円と聞いていたので、その重みを感じ、緊張しました。また、この薄い水色が入ったドレスはそのままでもきれいですが、光が当たると、いろいろな角度で表情が変わるジュエリーのようだと感じました。上品で、素敵な女性像を感じさせるドレスやティアラだったので、私もそれに負けないように歩こうと思いました。

——メイクやスキンケアで普段から心掛けていることはありますか?

まだ暑いので、日焼け止めを塗ると乾燥したりするので、普段のスキンケアでは、なるべく保湿することを心掛けています。秋冬のメイクはカーキっぽい色やスモーキーな色味を取り入れられたらいいなと思います。

——結婚されたことで、心境の変化はありましたか?

こういうことを女の自分が言っていいのかわからないのですが、結婚したことにより、私自身も守るものが増えました。また、今まで自分のことだけを考えて生きてきたけど、1人ではないんだなと感じています。

他人同士が生活していくので、大変なこともありますが、今までわからなかったことや、自分のいろんな感情を知ることができるとも感じています。それが、今後のお仕事に活かせる機会があればいいなあと。

——女優業、モデル業のそれぞれの醍醐味を教えてください。

女優業では、お芝居をすることで、違う人の人生を歩めるのがすごく面白いです。例えばヤンキーの役だと、自分なら絶対に言わないような台詞を言えたりするし、自分とは違うすごくしゃべる子になれたりします。そういう時間を過ごせることが魅力的だなと思っています。

モデル業はおしゃれに関していろいろな情報を知れるし、こういうファッションショーに出させてもらうと、みんなが「優愛」というボードを持ってくれていたり、自分の名前を叫んでくれたりして、すごく元気をもらえるので、これからも頑張っていきたいと思います。

——女優業とモデル業の両方をやっている利点とは?

女優をやっていることが、モデルの撮影で活かされたりします。たとえば、最近のモデル撮影では、目線をかっちり合わせない雰囲気カットを撮ることが増えてきていますが、カフェで時計を見たり、何かをしたりする雰囲気の写真を撮る時などは、女優をやっていることでぎこちなくならず、ナチュラルな動きをできるのが利点かなと思います。

——プライベートでも仕事でも、今後チャレンジしていきたいことは何ですか?

お仕事では、いろんな役をやらせていただいているので、今後もどんどん続けていきたいと思います。プライベートでは、筧美和子さんと2人で旅行へ行こうと3〜4年前から言っているので、それを実現させたいです。温泉がお部屋についている宿なら、一緒に入れるからいいねという話を2人でしています。

——連続ドラマW『悪党〜加害者追跡調査〜』ではキャバ嬢役にトライされていました。毎回いろいろな役柄にチャレンジされていますが、出演作はご自身で選んでいますか?

私が選んでいるわけではないですが、ありがたいことに、女優を十何年やらせていただいていると、以前お世話になった方が、何年か後にまた声をかけてくださったりします。そういう方々とのお仕事は、スケジュールが埋まってないかぎり、なるべく受けさせていただきたいと思っています。

——たとえば難しい役柄を演じる時、壁にぶつかったりすることはありますか?

毎回、壁にぶち当たります。でも、そういう時は、自分にプチご褒美を与えるようにしています。やり始めたのは20歳を過ぎた頃からで、撮休の日にちょっといいケーキを買って帰ったり、ちょっといい入浴剤を入れてみたりするんです。そうすると気持ちが上がるので、けっこうおすすめです。

——新川さんが目指す、理想的な女性像について聞かせてください。

私は芯が強い女性に憧れます。自分が信じるものについては、誰になんと言われようとも信じ抜くという、ぶれない強さを持っている人は、女優さんでも他の仕事をされている方でもカッコいいと思います。柔らかい女性を否定するわけではないのですが、私はどちらかというとそういう女性に惹かれます。

——新川さんご自身も芯が強そうな印象を受けますが。

私はただ頑固なだけで(苦笑)。そことは違う強さが欲しいです。私の場合は、この頑固さを少し砕いて、もうちょっと丸くなりたいなと思います。

■プロフィール
新川優愛(しんかわ・ゆあ)
1993年12月28日生まれ、埼玉県出身。ミスマガジン2010でグランプリを受賞。現在はノンノモデルとして活躍中。ドラマの近作はテレビ朝日『ブスだってI LOVE YOU』(18)、 NHK BSプレミアム『大富豪同心』(19)、連続ドラマW『悪党〜加害者追跡調査〜』(19)など

マイナビニュース

「結婚」をもっと詳しく

「結婚」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ