『さまぁ~ず』がテレビから消える!? 冠番組左遷で「時代に合わない」

9月19日(日)17時33分 まいじつ


『さまぁ〜ず』の大竹一樹三村マサカズ  (C)まいじつ 



いまや大御所のポジションを確立しつつある、お笑いコンビ『さまぁ〜ず』が大ピンチを迎えている。


【関連】さまぁ〜ず・大竹の“悪質なクレーム騒動”にドン引き「絶対関わりたくない」ほか


コンビの代表的冠番組『モヤモヤさまぁ〜ず2』(テレビ東京系)が日曜のプライム帯から撤退し、10月から土曜午後11時からの30分番組になると発表された。土曜午前5時30分からスピンオフ番組『あさモヤさまぁ〜ず2』も放送されるというが、これは事実上の〝追い出し部屋〟のような扱いであるという。


「『モヤさま』は長時間拘束のロケ番組、さらに出演者はいまや大御所芸人となった『さまぁ〜ず』とあって、いくら出演者が少なくても制作費はなかなか高い。今までは日曜のプライム帯で放送されていたので元が取れていましたが、深夜と早朝のたかだが30分番組となってしまっては、採算がつきません。制作費を理由に、番組を打ち切る口実をつくるための時間異動だと勘ぐってしまいますね」(芸能記者)


一昔前までは好感度が高く、若者人気も高かった「さまぁ〜ず」。一体なにが原因で、番組が左遷されるほど人気が落ち込んでいるのだろうか。


時代にあわなくなってきたおじさん芸人


「『さまぁ〜ず』の魅力は、芸人らしからぬ〝ゆる〜い〟雰囲気でした。それが唯一無二の特徴として地位を確立していたのですが、最近は同じ雰囲気を持つゆるめの芸人がとにかく多い。そうした芸人の台頭によって『さまぁ〜ず』の個性は埋もれ、目立たくなってきたのです。また、以前から言われていることですが、トーク番組やロケ番組で見せるコンビ揃っての〝クレーム気質〟な性格が、時代と完全にあっていない。〝気難しいおじさん〟はこのご時世、一番嫌われる人種の一つ。避ける視聴者が多くなっても仕方ないですね」(同・記者)


また「さまぁ〜ず」は、コンビの両方ともMCができないという致命的な弱点もあるようだ。冠場組では必ず補佐としてテレビ局アナウンサーやMCのできる中堅芸人などが横についている。財政が厳しいテレビ局にとっては、深夜番組で演者を1人増やすのはなかなか厳しいだろう。


YouTubeはそこそこ好調な「さまぁ〜ず」だが、果たしてテレビでの活躍はどうなっていくのか。9月には冠番組『さまぁ〜ず論』(テレビ朝日系)も終了し、難しい立場になっているのは間違いなさそうだが…。


まいじつ

「テレビ」をもっと詳しく

「テレビ」のニュース

「テレビ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ