香取・稲垣・草なぎが“ルーブル美術館3ショット”

9月19日(水)5時21分 ナリナリドットコム

タレントでアーティストの香取慎吾(41歳)が9月19日、Instagramを更新し、稲垣吾郎(44歳)、草なぎ剛(44歳)との“ルーブル美術館3ショット”を披露している。

3人は、フランス・パリのルーブル美術館内にあるホールで開催している、香取の個展「NAKAMA des ARTS」のため現地入り。香取は文化芸術の祭典「ジャポニスム2018」の広報大使を務めており、今回はその公式企画として個展が実現したという。

香取はInstagramで、「#ジャポニスム2018 #吾郎ちゃん と #つよぽん #パリ に #louvre に #nakamadesarts にきたぁ〜〜〜!!!」と、作品の前で撮った、充実の表情の3ショットを投稿。草なぎもTwitterで現地を楽しむ様子を伝えている。


☆「香取慎吾 NAKAMA des ARTS」展(ジャポニスム2018公式サイトより)

歌手、俳優といった活動にとどまらず、現代アーティストとして壁画、オブジェ、絵画、さらには自身のSNSなど幅広いメディアを通じ常に表現活動を続け、大きな反響を得ている香取慎吾初の個展。
展示内容は、香取自身がそうであるように既成の枠にとらわれずあらゆる枠組みを超えていくものとなる。
「アートを題材にしてNAKAMAとつながりたい」というコンセプトのもとに制作された絵画、オブジェだけでなく、ファッションや「“弱さ”が“強さ”」というコンセプトのもとフランス初上陸となる「ZUKIN【頭巾】」を何個もつなぎ合わせたドーム型の形をとる「新しい建築」とのコラボレーション作品も紹介する。

ナリナリドットコム

「ルーブル美術館」をもっと詳しく

「ルーブル美術館」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ