キンプリ、クリスマスケーキ初プロデュースに自信たっぷり「これぞ、ケーキ界のKing & Prince」

9月19日(木)12時11分 オリコン

クリスマスケーキ初プロデュースに自信たっぷりと語ったKing & Prince(左から)高橋海人、岸優太、平野紫耀、永瀬廉、神宮寺勇太 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 人気グループ・King & Prince(平野紫耀、永瀬廉高橋海人岸優太神宮寺勇太)が19日、都内で行われたセブン-イレブン 2019年クリスマスケーキ 商品発表会イメージキャラクターとして登壇した。発表会ではメンバーがケーキを初プロデュースした『苺のかまくらショートケーキ』『イタリア栗のモンブラン』をお披露目。平野は「ケーキ界の王様と王子様。ケーキ界のKing & Prince」とコンセプトを解説。永瀬から質問されいちごを“King”、モンブランを“Prince”と決定した。その後、全員でケーキを堪能すると岸は「見た目も美味しさもこれぞ、ケーキ界のKing & Princeですね!」と太鼓判を押していた。

 発表会では登場した2つのケーキを見て「なにかが物足りない」「ちょっと違いません?」と顔を見合わせるメンバーたち。司会者から促され仕上げ作業として苺と栗を乗せ完成させた。ショートケーキのプロデュースポイントについて、高橋は「美味しさはそのままでホイップクリームは積もった雪を表現。横に線を入れてクリスマス感を演出しました」とこだわりを紹介。平野は「今流行りの“映え”ですよ」と胸を張る。

 一方、モンブランについて永瀬は「(粉砂糖で)粉雪っぽく仕上げて縦のストライプで、とにかく栗のおいしさを見た目で感じてもらえるように意識してプロデュースさせていただきました」といい、岸は「栗がリアルすぎて360度栗を感じられる」と独特の食レポ。平野は「イケメンな見た目、味。まさに完璧!今年はこれでパーフェクトクリスマスにしてもらいたい」と2つのケーキに自信満々で永瀬は「僕たちのいい“子ども”ができました」と満面の笑みをみせた。

 また、神宮寺「ショートケーキなので、ここらへんにホイップをつけられて『ついてるよ』ってくだりをやったらいいと思う」と妄想全開。永瀬から「自分がみたいだけやろ」と突っ込まれるなか、カメラにむかって「ついてるよ」を実演することに。少しはにかみながらもやり遂げる神宮寺がフラッシュを浴びると高橋は「さすが国民的彼氏」と賞賛の言葉を送っていた。

 また、今回のキャンペーンでは、メンバープロデュースのケーキを購入者にはオリジナルフォーク2本セットをプレゼント、対象商品をセブン-イレブンアプリで購入・キャンペーンに参加すると抽選で6000人にKing & Princeスノードーム、またはクオカードが贈られる。自らがキャラクター化されたスノードームに平野は「特徴を捉えている」、岸は「かわいいな」とうれしげ。

 ほかにもオリジナルコラボ商品としてプレート&カップセットやクリスマスガーランド、アクリルオーナメント、トランプなども登場予定。永瀬は「僕らとクリスマスパーティーをしている感覚になれそう」と喜び、平野が「ババ抜きしたら、岸くんを引いた瞬間に『岸くんかよ!』みたいになりそう」と想像を膨らませると、神宮寺は「岸くん抜きとか紫耀くん抜きとかできそうだね」と和気あいあいと提案していた。

オリコン

「ケーキ」をもっと詳しく

「ケーキ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ